読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

珈琲社会学

独断と偏見による、珈琲と食に関するエカワ珈琲店流の考察

コーヒーメーカー

珈琲ストアー

コーヒーを淹れる方法ですが、エスプレッソ、フレンチプレス、サイフォン、コーヒーメーカー、ハンドドリップと幾つかの淹れ方があります。

その中で、コーヒーメーカーやハンドドリップでコーヒーを淹れる方法が、コーヒーを淹れるのに最も適した淹れ方だとエカワ珈琲店は考えています。

続きを読む

コーヒーが主力の喫茶店・カフェには、コーヒー豆自家焙煎が似合います

自家焙煎

コーヒーを主力商品としている飲食店(喫茶店やカフェ)なら、一度はコーヒー豆の焙煎を体験するべきだと思います。

フライパンでも、ポップコーン用焙煎鍋でも、コーヒー豆の焙煎はできます。

続きを読む

気遣いのマーケティングで勝負する独立系スーパーマーケット

スーパーマーケット

日々の暮らしに必要な食料品ですが、昔なら近くの地域市場で、現在は近くのスーパーマーケットで購入するのが日常になっています。

スーパーマーケットの店舗は、販売スペース+倉庫スペース+食品加工スペース=店舗ですから、賃貸物件なら相当な高家賃が必要で、自己物件であっても高額の店舗維持コストが必要です。

続きを読む

小規模な(個人経営の)喫茶店・カフェ・レストランの焙煎したコーヒー豆調達方法

喫茶店 自家焙煎

独立系(個人経営)の喫茶店・カフェ・レストランなどの焙煎コーヒー豆調達方法には、様々な方法があるのだと思います。

現在(2016年)のところ、業務卸を得意とするコーヒー豆焙煎会社(ロースター)から焙煎したコーヒー豆(レギュラーコーヒー豆)を仕入れるという方法が、最もポピュラーな方法となっているようです。

続きを読む

マクドナルドでは、スタッフがテーブルまで食事を運んで来てくれます

レストラン

激しくウォルマートなアメリカ小売業ブログによると、11月17日(2016年)、マクドナルド)は、アメリカ国内で、セルフレジとテーブルに食事を運ぶサービスを拡大すると発表したそうです。

続きを読む

アメリカでの話ですが、セブンイレブンがRA認証コーヒーの小売販売を開始

スーパーマーケット

国際的コンビニエンスストアーチェーンであるセブンイレブンですが、アメリカ合衆国だけで約8000店の店舗網を構築しています。

そのアメリカ合衆国のセブンイレブンが、コーヒー栽培の持続可能性を追求しているレインフォレストアライアンス(熱帯雨林同盟/RA)認証コーヒーの導入を発表したと、2016年11月17日付けでdailycoffeenews.comが伝えています。

続きを読む

煎りたて新鮮、香りの良い焙煎コーヒー豆市場=未開拓の成長市場

コーヒー業界

小説家やノンフィクション作家は、お互いにお互いを評価し合うことで作品の品質を競い合っています。

そして、評価し合って競い合うことで、お互いに自分たちの読者を増やして行きます。

続きを読む

コーヒー豆を自家焙煎するパン屋さん Three Brothers Bakery

海外事情

北米大陸(アメリカ)では、コーヒー豆の自家焙煎がブームになっているのかもしれません。

コーヒーメニューを中心とする喫茶店が、コーヒー豆を自家焙煎するのは当たり前で、喫茶店以外でも、パン屋さんやケーキ屋さん、レストランやスーパーマーケットでも、コーヒー豆を自家焙煎する店が出現しているようです。

続きを読む

コーヒーブルーム(Coffee Bloom)を理解して美味しいコーヒーを淹れよう

有料記事

美味しいコーヒーを淹れるための科学、それは簡単な科学理論なのだと思います。

煎りたての新鮮な焙煎コーヒー豆を使ってコーヒーを淹れれば、そして、コーヒーを淹れる時の蒸らし(ブルーミング)でコーヒー粉が膨らんだ(コーヒーブルーム/Coffee Bloom)なら、美味しいコーヒーが出来上がるはずです。

続きを読む

エカワ珈琲店流、焙煎コーヒー豆の業務卸を積極的に展開する方法

コーヒー業界

現在(2016年)のエカワ珈琲店ですが、家庭の事情と店主の年齢が60代の半ばということで、積極的に焙煎コーヒー豆の業務卸を展開することができません。

焙煎コーヒー豆商売については、自宅兼店舗での小売商売と通信販売による小売商売を細々と営んで行こうと考えています。

続きを読む

アメリカの田舎の小さな珈琲屋さんRoss Street Roasting Company

海外事情

北米大陸の都市部で発生したサードウェーブコーヒー(コーヒー第3波)現象が、北米大陸の田舎町にも浸透しつつあるようです。

アメリカ合衆国中西部に位置するアイオワ州の農村地帯でも、サードウェーブコーヒー系ロースターの経営が成り立つようになって来ているみたいです。

続きを読む

スターバッスリザーブロースタリーが東京にやって来る

喫茶店

スターバックスコーヒーは、新しいブランド「リザーブ」を立ち上げて、ブルーボトルやインテリゲンチャなど、サードウェーブコーヒーのトップランナーたちが得意としている高級(価格の高い)コーヒー市場に積極的に参入すると発表しています。

続きを読む

サードウェーブコーヒーは進化して、ナノロースターの時代へ

海外事情

アメリカで発生した「コーヒー第3の波」ですが、日々、進化しているのだと思います。

地域の中小ロースター(焙煎会社)が、独立系の喫茶店チェーンや喫茶店、高級食料品店、独立系レストランに焙煎コーヒー豆を供給することで、供給する側も供給される側も共に成長したのが、アメリカで発生したサードウェーブコーヒー(コーヒー第3の波)の初期形態なのだと思います。

続きを読む

焙煎コーヒー豆を挽く

珈琲ストアー

焙煎コーヒー豆から、お湯を使ってコーヒーの成分を抽出・分離・洗浄・ろ過する作業がコーヒーの醸造(コーヒーを淹れる)作業なのだとエカワ珈琲店は考えています。

コーヒー醸造の第1段階がコーヒー成分の抽出だと考えているのですが、焙煎コーヒー豆からコーヒー成分を抽出しやすくするために、焙煎コーヒー豆を粉砕して(挽いて)小さな粉に変えています。

続きを読む