珈琲&飲食ライブラリー

珈琲、飲食、食料関係ニュースのライブラリー

喫茶店はセクシーな商売なのだろうか?

「プレミアムコーヒー」や「コーヒーの無料サービス」と、あのマクドナルドがコーヒーの液体を売る商売に力を注いでいます。

それだけ、2010年代のアメリカでは、コーヒーの液体を売る商売がセクシーな商売になっているのだと思います。

f:id:ekawa:20160229222420p:plain

日本の喫茶店ですが、1980年代の中頃、その店舗数が最高に達してから後、20数年間に渡って店舗数は減少を続けています。

2010年代後半の喫茶店店舗数は最盛期の4割ぐらいまで減少していて、今なお、減り続けています。

日本で元気のある喫茶店は、スターバックスやドトールコーヒー、それにこめだコーヒーなどのチェーン店だけで、個人経営の喫茶店の元気度はものすごく低くなってしまっています。

一方、アメリカでは喫茶店の店舗数は増え続けていて、店舗数が2桁・3桁のコーヒーチェーンだけでなくて、パパ・ママ店や地域で何店舗かを展開している小規模チェーンも、新陳代謝を繰り返しながらトータルの店舗数が増え続けているみたいです。

 

このページの記事全文は、『江川珈琲店の珈琲ブログ』に移転しています。下のリンクページにて、記事全文を読んで頂けます。

www.ekawacoffee.work

 

伝統的な個人経営の喫茶店・カフェの店舗数減少は続いていますが、喫茶店はブームの様相を呈していて、喫茶店本が多数出版されていて、それなりに売れているようです。

個人経営の喫茶店・カフェは、儲けられないビジネスだと年老いた珈琲豆焙煎屋は考えています。しかし、個人で喫茶店・カフェを営んでみたいと考える人が多いようで、喫茶店開業or喫茶店経営の指南書的な本も幾つか出版されています。

 

50歳からはじめるカフェ経営~人生はこれからもっと楽しくなる

50歳からはじめるカフェ経営~人生はこれからもっと楽しくなる

  • 作者:赤土 亮二
  • 出版社/メーカー: 旭屋出版
  • 発売日: 2016/05/25
  • メディア: 単行本
 

赤土亮二さんの著作、喫茶店開業入門の本が、光文社カッパブックスでベストセラーになっていたのは、もう半世紀くらい前のことです。

カフェ開業の教科書―小規模で強い店をつくる

カフェ開業の教科書―小規模で強い店をつくる

  • 作者:田口 護
  • 出版社/メーカー: 旭屋出版
  • 発売日: 2013/03/01
  • メディア: 単行本
 

 喫茶店・珈琲業界のレジェンド田口譲さんの喫茶店経営指南書。年老いた珈琲豆焙煎屋世代の珈琲人なら、誰もがカフェバッハを知っています。

 

喫茶店めぐり的な本も人気があるようで、多数の喫茶店・カフェめぐり本が出版されています。年老いた珈琲豆焙煎屋は、喫茶店・カフエめぐりの本には興味が無いのですが。ということで、雑誌系の喫茶店めぐり本だけを・・・

BRUTUS特別編集 喫茶店好き。

BRUTUS特別編集 喫茶店好き。

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: マガジンハウス
  • 発売日: 2017/09/30
  • メディア: Kindle版
 
Hanako特別編集 喫茶店に恋して。

Hanako特別編集 喫茶店に恋して。

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: マガジンハウス
  • 発売日: 2018/10/04
  • メディア: Kindle版