珈琲&飲食ライブラリー

珈琲、飲食、食料関係ニュースのライブラリー

新型コロナウィルス感染予防、日本フードサービス協会が飲食店の衛生対策ガイドラインを発表

外食産業の業界団体「一般社団法人日本フードサービス協会(高岡慎一郎会長)」は、飲食店が本格的に営業を再開するについて、新型コロナウィルス感染予防対策の指針となる衛生管理のガイドラインを発表しています。 ⇒一般社団法人日本フードサービス協会 衛生…

小売ビジネスは、インストア・ショッピングからダークストア・ショッピングへと移行して行くのかも

在米のアメリカン流通コンサルタント後藤文俊さんが10年以上前から発信を続けている「激しくウォルマートなアメリカ小売業ブログ」曰く、ダークストアーとは・・・ ダークストアとは店の中で買い物ができるインストア・ショッピングはなく倉庫に専用の駐車…

中国ラッキンコーヒーが経営危機に遭遇しているらしい

2017年に北京で創業、急成長して、2019年5月にアメリカ・ナスダック市場に上場を果たし、中国で4500店舗を展開している配達・テイクアウト専門の喫茶店チェーン「ラッキンコーヒー」が経営危機に直面しているというニュースが報じられています…

オンライン食事デリバリーサービスが始まって、ゴーストレストランが登場して来た

「UberEats | ウーバーイーツ」などのオンライン食事デリバリーサービスが登場して来て、アメリカの大都市では、ゴーストレストランという新業態が成長を続けているようです。 東京などの都市部では、既に、オンライン食事デリバリーサービス・ウーバーイー…

2020年1月~3月に新発売する缶コーヒーの新商品

コンビニコーヒーに押され気味だった缶コーヒーですが、世界的にRTDコーヒーに対する注目度が上昇しているからか、盛り返して来ているのかもしれません。 食品産業新聞社WEBが、『缶コーヒー新商品が続々、“短時間の気分切替ニーズ”への対応がカギ(202…

RTD紅茶が売れている

RTD紅茶が売れているようです。食品産業社ニュースWEBが、2019年の紅茶飲料市場について『紅茶飲料市場が過去最高、2019年実績は前年比15%増、仕事中に飲む大人が増加(2020年2月2日)』と報じています。 紅茶市場の拡大 キリン午後の紅茶 サント…

コーヒー業界第1の波、第2の波、そして第3の波 | ダイジェスト版

アメリカのスーパーマーケットの商品棚には、大手コーヒー豆焙煎企業であるマックスウェルコーヒーハウス、フォルジャーズ、ヒルズブラザーズ、MJBの焙煎コーヒー豆がぎっしりと並べられていると、以前、ネットサーフィンしているときに読んだ記憶があり…

Amazon限定でスターバックスの『ORIGAMI』コーヒーギフトが販売開始。

ドリッパーやサーバーなどの器具を使わないで、簡単・便利に一杯分のコーヒーを淹れられるドリップコーヒーパックが人気です。 ドリップコーヒーパック(紙製のドリッパー)をカップの上に乗せて、そこにお湯を注ぐだけでコーヒーを淹れることができます。 紙…

ネスレのカプセル式コーヒー

PR

カプセル式コーヒーマシーンを無料でレンタルするなら カプセル式コーヒーで年老いた珈琲豆焙煎屋のおすすめは、ネスレのカプセル式コーヒーです。そのネスレですが、定期的にカプセル式コーヒーを一定量購入するなら、カプセル式コーヒーマシーンを無料でレ…

カフェ・喫茶店・レストランでフェアトレードコーヒーを!

時事ドットコムニュースで、『カフェレストランでフェアトレードコーヒーを!業務用フェアトレード焙煎コーヒー販売開始』という見出しの記事をみつけました。 「東京2020オリンピック・パラリンピック開催までにフェアトレード商品提供店を増やそう!」と、…

ミニストップ、コーヒーを80円に値下げ

先日(2020年1月8日)日本経済新聞WEBが、『ミニストップ、コーヒー1杯税別80円に 1割強値下げ』と報じていました。 ミニストップは全国の店舗で販売しているホットコーヒーの価格をこれまでの税別93円から同80円と約14%引き下げて提供を始めた。対象と…

RTD(レディートゥドリンク)コーヒーとは?

缶やペットボトル入り飲料・紙パック入り飲料などの、購入後すぐ飲める容器入り飲料のことをRTD(レディートゥドリンク)と表現することもあります。

2020年、タリーズコーヒーの福袋、お値段はスターバックスコーヒーの半分

Google News の「コーヒー」ニュース一覧で、ロケットニュース24の『【2020年福袋特集】お値段スタバの半分! タリーズの福袋(3500円)をひと足先に入手したので徹底検証したら「思わぬ伏兵」がいた』というタイトルに目が留まりました。 ターリーズコー…

焙煎コーヒー豆を月間100kg売る自家焙煎コーヒー豆小売店のコーヒー生豆在庫

約30年間も自家焙煎コーヒー豆小売ビジネスを営んでいるのに、恥ずかしい話ですが、最近のエカワ珈琲店が売り捌いている焙煎コーヒー豆の量は、月間100kgくらいです。全盛期の3分の1以下にまで落ち込んでいます。 2年半前(2016年1月)に妻が体…

喫茶店はセクシーな商売なのだろうか?

「プレミアムコーヒー」や「コーヒーの無料サービス」と、あのマクドナルドがコーヒーの液体を売る商売に力を注いでいます。 それだけ、2010年代のアメリカでは、コーヒーの液体を売る商売がセクシーな商売になっているのだと思います。 日本の喫茶店で…

石光商事と近畿大学が共同開発した循環型のコーヒードリップバッグ

石光商事のHPより引用/焙煎機の炉に入れられたバイオコークス 石光商事のWEBサイト(2019年12月6日付)によると、『コーヒー豆かすから作ったバイオ燃料でコーヒー豆を焙煎、循環型リサイクルで「コーヒー2050年問題」を解決へ』と題して、コーヒー抽…

カルディーコーヒーファームの展開するカフェカルディーノ

カルディコーヒーファームはこのほど、玉川高島屋S・Cにオリジナルコーヒー豆30種をはじめ、バラエティー豊富に並ぶ食のセレクトショップ「カルディコーヒーファーム」と「カフェカルディーノ」をオープンした。 「カフェカルディーノ」では、世田谷区・奥沢…

幾つかある焙煎コーヒー豆販売チャンネルの中で、インターネット通販がダントツに成長している

業務卸や店舗小売り、食品スーパーやコンビニエンスストアー、ドラッグストアーなど、幾つかある焙煎コーヒー豆販売チャンネルの中で、近年、焙煎コーヒー豆インターネット通販の伸びが目立っているようです。

アメリカのマクドナルド、喫茶店チェーン化が進行している

日本の地方都市の郊外に立地するマクドナルドの店舗は、午前中、コーヒーを飲みにやって来るリタイアした高齢者たちで満員です。近所の人は徒歩か自転車で、少し離れていれば自動車で来店するので、駐輪場も駐車場も混んでいます。完全に、喫茶店化している…

エディオンなんば本店コーヒーコーナー、コーヒー生豆を売っていて店頭に設置した高速焙煎機で焙煎してくれる

大阪市の南海難波駅まで、南海和歌山市駅から約1時間、我が家(年老いた珈琲豆焙煎屋の住居)から20分歩けば南海和歌山市駅に到着するので、合計で1時間30分もあれば到着します。 しかし、年老いた珈琲豆焙煎屋が、大阪市の難波に行ったのは、もう10年…

エカワ珈琲店のコーヒー生豆購入先探しの旅

エカワ珈琲店の場合、コーヒー生豆を生産国で買いつけて輸入しているわけでは無くて、コーヒー生豆を輸入している総合商社や、比較的に規模の小さなコーヒー生豆専門商社、それにフェアトレード関係の団体・会社、あるいはコーヒー生豆の二次問屋さんからコ…

セブン&アイ・フード/新木場にカフェ新業態「麹町珈琲」

ファミリーレストラン「デニーズ」をチェーン展開するセブン&アイ・フードシステムズが、カフェ新業態「麹町珈琲」の出店を加速しているようです。 「麹町珈琲」3号店を、2019年11月7日、東京新木場のJR東日本ホテルメッツにオープンせるというニュ…

小さなカフェ・喫茶店は儲からない

カフェ・喫茶店の見た目の粗利益率は、飲食業の中では相当に高い部類に入ります。しかし、チェーン店の粗利益率は高いわけですが、小さなカフェ・喫茶店の粗利益率は極端に小さくなります。

コーヒーの香味は、コーヒー化学成分の構成に依存している

コーヒーに含まれる化学成分の構成の違い、それが、コーヒーの香味の基礎となっていると考えています。そして、コーヒーの香味は、コーヒー豆に含まれているコーヒー化学成分の構成具合に依存しているとエカワ珈琲店は考えています。 コーヒーのフレーバーを…

完璧なアイスコーヒーの作り方

アイスコーヒーの作り方には、「急冷する方法」と「作り置きする方法」があるのだと思います。ただ、「作り置きした」アイスコーヒーは、どうしても香りの減少や液体の酸化と言う問題から逃れることができません。 日本の珈琲専門店の大半は、「急冷する方法…

日本の家庭用コーヒー市場は、外資系が強い市場なのかもしれません

2010年の春、スターバックスコーヒーがAGFと組んで日本の家庭用コーヒー市場に進出してきました。 そして、世界最大のコーヒー企業の日本法人ネスレ日本が、「次世代コーヒー」と銘打って、新製法のインスタントコーヒー(ソリュブルコーヒー)を日本の家…

コールドブリューコーヒーが人気です。今後、ホットブリューコーヒーにも注目が集まるかもしれません

焙煎コーヒー豆粉砕物(粗挽きの焙煎コーヒー顆粒)を16時間~48時間、冷たい水に浸漬させて醸造するコールドブリューコーヒーが注目を集めています。 冷たい水に焙煎コーヒーの顆粒を浸漬させて作るのがコールドブリューコーヒーで、氷の中にお湯で淹れた…

1960年代、人気喫茶店の人気メニュー、「クリームソーダ」

純喫茶コロナでは、メロンシロップと炭酸水とアイスクリームと割った氷で「クリームソーダ」を作っていました。

街で飲むコーヒー、「おまけ」から「プレミアム」へと様変わり

昭和喫茶店ブームの頃、コーヒーは喫茶店でお金を出して飲むプレミアムドリンク(高級な飲み物)でした。それが、昭和喫茶店ブームの原動力だったと考えています。 喫茶店で食事メニューが提供されるようになって、コーヒーが食事メニューの「おまけ」で提供さ…

スターバックスリザーブロースタリー東京が、独立系(or個人経営)の喫茶店に希望を与えてくれるかもしれません

スターバックスコーヒーのホームページより引用 2019年2月28日、東京都の中目黒に「スターバックスリザーブロースタリー東京」がオープンしました。 入店するのに3時間待ちという大変な人気で、「3時間待って入店すると、そこは天国だった! あまり…