アメリカ外食業界の視線が、C-Storeのセブンイレブンに集まっているようです。

世界最大手のファーストフード企業マクドナルドは低迷しているようですが、世界最大手のコンビニエンスストアー企業セブンイレブンは成長を続けているようです。

日本での話しではなくて、アメリカでの話しです。

 

Nationals Restaurant News は、アメリカで「セブンイレブン」が成長を加速していると伝えています。

 

セブンイレブンのメニューの豊富さ、商品提供のスピードが、既存のファーストフード系企業の脅威となっているようです。

コンビニコーヒーやドーナツ、お弁当やサンドイウィッチ、ハンバーガーやホットドック、それに菓子パンや冷凍食材と、同じような現象が、日本でも発生しています。

 

 

www.ekawacoffee.jp