焙煎屋の新しいゲーム

コーヒー豆の焙煎加工業界ですが、誰でもお金を払えば自家焙煎開業講座を受講することができて、1週間ほどでコーヒー豆の焙煎加工技術を取得して、コーヒー豆の焙煎屋を始めることができます。

 

コーヒー豆焙煎機の操作方法と、原料のコーヒー生豆の仕入れ方法を教えてくれるわけです。

店舗があって、焙煎機やその他の機械・設備を買い揃えて、教えてもらった通りに業務を行うだけで、誰もが簡単にコーヒー豆の焙煎屋を開業できます。

 

ということは、コーヒー豆の焙煎加工には、難しい技術的なノウハウ何か存在していなくて、技術が平準化しているのだと解釈できます。

ようするに、コーヒー豆焙煎加工業の市場は、完全に成熟しているということです。

 

技術が平準化してしまっている完全な成熟市場なら、技術力での競争という選択肢が無いわけですから、価格の競争、サービスの競争、目先を変えた商品の投入など応用力の競争になるはずです。

そして、コーヒー豆焙煎屋の競争は、その応用力の競争になっています。

技術の差で儲けることができないので、それ以外で儲ける方法を考えて競争しています。

 

そういう状況ですから、資本力のあるところ、宣伝力のあるところ、ブランド力のあるところが優位に立っていて、零細なコーヒー屋は苦戦しているのだと考えています。

 

だけど、コーヒー豆の焙煎加工業界ですが、完全に技術が平準化しているのだろうかという疑問もあるわけです。

皆が勝手に、技術が平準化していると思い込んでいるだけかもしれません。

 

皆が勝手に思い込んでいるだけなら、零細な個人営業のコーヒー豆焙煎屋にも一筋の光が見えてくるので、新しいゲームを始める気持ちも出てきます。

技術が平準化してしまって、ブランド力の争いとなっていた水着業界での、スピード社の水着の例もあるわけですから。

 

エカワ珈琲店のホームページ/和歌山市の自家焙煎コーヒー豆小売専門店 - エカワ珈琲店のホームページ/和歌山市でコーヒー豆を購入するなら