エカワ珈琲店の自家焙煎コーヒー豆、アマゾンで好評販売中!!

ショピング案内ページは⇒コチラ

 

アフターコロナで外食大手に明暗、日本マクドナルドは絶好調、外食大手すかいらーくは赤字

2020年、新型コロナウィルス感染症禍のマイナス影響をもろに受けた日本の外食産業は、営業規模の大小を問わず大きな経済的打撃を被っています。

しかし、僅かですが、新型コロナウィルス感染症禍においても売上・利益ともに増えている外食企業もあります。

 

その外食企業の一つが、日本マクドナルドです。

2019年に日本進出以来最高売上を記録していたのですが、 新型コロナウィルス感染症禍の2020年は、その2019年を上回る売上を記録したと報じられています。

2020年の全店舗売上高は5892億円で、日本進出以来最大の売り上げとなって、営業利益も経常利益も、2019年と比較して10%以上増加しているようです。

 

新型コロナウィルス感染症禍の影響で、店舗飲食の客数は減少しているそうですが、デリバリーやテイクアウトが増加していて、その影響で「複数人分まとめ買い」するお客さんが増えて、お客さん1人がどれくらいお金を使っているかの指標である客単価は増えた結果、増収増益となったようです。

日本マクドナルドの好業績も、その内訳を見てみると、世相の影響を大きく受けているとビジネスインサイダージャパンの記事は報じています。 

www.businessinsider.jp

 

もともとテイクアウト比率の高かったファーストフードレストランは、 新型コロナウィルス感染症禍でも業績好調で推移しているようですが、店内飲食中心の営業をしている外食大手の場合、 新型コロナウィルス感染症禍で相当な打撃を受けているのが、大手外食チェーンの決算報告から推測できます。

 

外食大手「すかいらーく」の2020年通期決算は、売上高が前年比で23%減少して2884億円、最終的に172億円の赤字になったとビジネスインサイダージャパンの記事は報じています。 

www.businessinsider.jp

 

ファーストフードレストランの日本マクドナルドは、売り上げ・利益ともに前年よりも増加して、大手外食チェーンは軒並み売り上げ減少となっているようです。

デリバリーやテイクアウトが好調で店内飲食は絶不調、それが、2020年外食産業の大雑把な構図になっています。

で、当然の事ですが、店内飲食中心で営業している外食店舗に焙煎コーヒー豆を業務卸している珈琲豆焙煎屋も、規模の大小を問わず業績は芳しくありません。

もちろん、零細生業パパママ規模の珈琲豆焙煎屋であっても、中小規模の珈琲豆焙煎屋ほどのダメージは受けていませんが、少しは新型コロナウィルス感染症禍のマイナス影響を受けています。

 

ちなみに、「すきや」・「ココス」・「ビッグボーイ」・「はま寿司」などを傘下に持つゼンショーの業態別売上高は、牛丼業態で約3%、レストラン業態で約21%、ファーストフード業態で約10%前年よりも減少しているようです。