エカワ珈琲店の自家焙煎コーヒー豆、アマゾンで好評販売中!!

ネコポス便でセット商品をポストまでお届け

ネコポス便でシングルオリジンをポストまで

 

カフェランテ、2021年2月のお買い得コーヒー、トロピカルマウンテン200gが890円

イオン系列の焙煎コーヒー豆と輸入食品の小売専門店カフェランテは、毎月数種類の焙煎コーヒー豆銘柄を「お買い得焙煎コーヒー豆」に指定して割引販売していて、2021年2月のお買い得焙煎コーヒー豆は、コロンビアフレンチ、コモドドラゴン、ブルーマウンテンNO1ブレンド、トロピカルマウンテンの4種類だと報じられています。

カフェランテは200g単位で販売していて、「お買い得焙煎コーヒー豆」はカフェランテの通常販売価格よりも10%割引した価格で販売しているということです。

 

f:id:ekawa:20210206212426p:plain

コロンビアスプレモとコロンビアエクセルソという一般的なコロンビアコーヒー豆を半分づつ配合して深煎り焙煎したのがコロンビアフレンチで、インドネシア・フローレンス島で生産される高品質で有名なアラビカ種のコーヒー豆が「コモドドラゴン」、ブルーマウンテンno1ブレンドはジャマイカ産のブルーマウンテンが配合されているブレンドコーヒー、そしてパプアニューギニアで生産されるトロピカルマウンテンです。
 

通常販売価格よりも10%割り引いた税込販売価格は、コロンビアフレンチ200グラムが614円、コモドドラゴン200グラムが646円、ブルーマウンテンno1ブレンド200グラムが1059円、トロピカルマウンテン200グラムが862円となっています。(カフェラントのニュース、2021年2月1日、今月のお買い得コーヒー豆より)

 

ちなみに、トロピカルマウンテンは総合商社兼松の登録商標で、年老いた珈琲豆焙煎屋夫婦が2人だけで細々と営んでいるエカワ珈琲店でも取り扱っています。

もちろん、店頭でもアマゾンでも購入して頂けます。

 

年老いた珈琲豆焙煎屋ですが、最近、年齢のせいか、喫茶店から自家焙煎コーヒー豆小売専門店に衣替えした20数年から30年くらい前のことを度々思い出します。

当時、参考にさせて頂いていた焙煎コーヒー豆小売店の一つが、京都の出町輸入食品です。

イオン系の焙煎コーヒー豆小売店カフェランテやキャメル珈琲が全国展開としているカルディーコーヒーファームの焙煎コーヒー豆販売手法は、京都の出町輸入食品の販売手法とよく似ています。

www.ekawacoffee.work

 

ということは、エカワ珈琲店のライバルは、もしかしたらイオン系の焙煎コーヒー豆小売店カフェランテやキャメル珈琲が全国展開としているカルディーコーヒーファームなのかもしれません。

エカワ珈琲店が商いをしている和歌山市には、カフェランテが1店舗、カルディーコーヒーファームが2店舗出店しています。

おそらく、どの店舗も、月間1トン~2トンの焙煎コーヒー豆を売り捌いているわけですから、その1%だけでも各店舗からエカワ珈琲店に分けて頂けたら楽しい商売が出来るのですが。