珈琲&飲食ライブラリー

珈琲、飲食、食料関係ニュースのライブラリー

コールドブリューコーヒーが人気です。今後、ホットブリューコーヒーにも注目が集まるかもしれません

焙煎コーヒー豆粉砕物(粗挽きの焙煎コーヒー顆粒)を16時間~48時間、冷たい水に浸漬させて醸造するコールドブリューコーヒーが注目を集めています。

冷たい水に焙煎コーヒーの顆粒を浸漬させて作るのがコールドブリューコーヒーで、氷の中にお湯で淹れたコーヒーを落として作るのが日本式アイスコーヒーです。

一時(2010年前後)、欧米で人気のあった日本式アイスコーヒーですが、現在(2019年10月)では完全にコールドブリューコーヒーの後塵を拝しているようです。

f:id:ekawa:20181231194106p:plain

コールドブリューコーヒーと日本式アイスコーヒーは醸造方法(コーヒーの淹れ方)が異なるので、当然、出来上がるコーヒーの香味(or風味)も異なってきます。

冷たい水に焙煎コーヒーの顆粒を16~48時間浸漬させて、冷たい水と焙煎コーヒー顆粒が混ぜ合っている懸濁液(スラリー)をろ過して作る冷たいコーヒーがコールドブリューコーヒーです。

酸味の少ないフルーツのような甘味を持つコーヒーが出来上がると言われています。

 

コールドブリューコーヒーをブラックコーヒーで味わうと、喉越しスッキリで十分な風味を持っているとのことです。ですから、スペシャリティーコーヒーの焙煎豆を使って淹れるコールドブリューコーヒーをブラックコーヒーで味わう人も多いという話も聞きます。

 

この記事の続きは、『江川珈琲店の珈琲ブログ』の下記ページにて全文読んでいただけます。

www.ekawacoffee.work

 

家庭でコールドブリューコーヒーやホットブリューコーヒーを作る器具

やや深めか深めに焙煎加工した焙煎コーヒー豆を粗挽きして、冷たい水を淹れて冷蔵庫で12時間~ 24時間くらい保管して置くとコールドブリューコーヒーが出来上がります。

熱いお湯を淹れて数時間、常温で放置しておくとホットブリューコーヒーが出来上がります。

 

水出し(orお湯出し)コーヒー専用珈琲パック

焙煎コーヒー豆粉砕物の粕を洗浄処分するのは面倒です。洗浄・処分の作業が簡単なパック式(パックに必要量の焙煎コーヒー粉を詰めた)の水出しコーヒー用焙煎コーヒー商品も販売されています。 

水出し珈琲パックを冷たい水に浸して冷蔵庫で12時間~24時間寝かせれば、コールドブリューコーヒー(水出しコーヒー)が出来上がります。

熱湯につけて3時間~数時間、常温で寝かせておけばホットブリューコーヒーが出来上がります。