珈琲&飲食ライブラリー

珈琲、飲食、食料関係ニュースのライブラリー

コーヒーの香味は、コーヒー化学成分の構成に依存している

f:id:ekawa:20180812112109p:plain

コーヒーに含まれる化学成分の構成の違い、それが、コーヒーの香味の基礎となっていると考えています。そして、コーヒーの香味は、コーヒー豆に含まれているコーヒー化学成分の構成具合に依存しているとエカワ珈琲店は考えています。

コーヒーのフレーバーを構成する成分は、コーヒー豆の種類、コーヒーノキの成育条件、焙煎の3つの要件の違いによって異なっているようです。

コーヒーは、ワインと同じくらいかそれよりも多くの風味成分を持っていると言われています。

 

この記事は、『江川珈琲店の珈琲ブログ』に移転させました。下のリンクページで読んで頂けます。 

www.ekawacoffee.work

 

 

コーヒーの香味を楽しむには、生豆の生産・焙煎・焙煎コーヒー豆の保存・抽出(コーヒーの醸造)、それぞれが一定のレベル以上である必要があると考えています。

 

自分でコーヒー豆を焙煎してコーヒーの香味を楽しむならば、できるだけ良質のコーヒー豆を購入する必要があります。 

 

家庭焙煎用の焙煎器具も、手動式と電動式では、焙煎コーヒー豆の出来上がりが違ってきます。できれば、電動式を購入するのが良いと思います。手動式なら、フライパンでもOKですから。 

 

焙煎コーヒー豆の保存は、密閉容器に入れて冷暗所で保管するのが良いと考えられています。

 

家庭でコーヒーを淹れるなら、ドリップ式です。道具の値段が安くて手軽にコーヒーを淹れることができます。 

 【ハンドドリップ】

カリタ Kalita コーヒーポット ステンレス製 細口 0.7L #52055

カリタ Kalita コーヒーポット ステンレス製 細口 0.7L #52055

 

 

【コーヒーメーカー】

象印 コーヒーメーカー 540ml/4杯用 珈琲通 ブラウン EC-TC40AM-TA

象印 コーヒーメーカー 540ml/4杯用 珈琲通 ブラウン EC-TC40AM-TA

 
アイリスオーヤマ コーヒーメーカー ブラック CMK-652-B

アイリスオーヤマ コーヒーメーカー ブラック CMK-652-B