珈琲&飲食ライブラリー

アフリエイトで小遣い稼ぎが目的のブログサイト。珈琲・食品・飲食系の記事をエントリーしているつもりです。

エカワ珈琲店の自家焙煎コーヒー豆、アマゾンで好評販売中!!

ネコポス便でセット商品をポストまでお届け

ネコポス便でシングルオリジンをポストまで

 

1杯1000円以上の高級コーヒーで知られているホシヤマ珈琲店がベーカリーカフェを出店

仙台市に1杯1000円以上の高級コーヒーを売る喫茶・飲食店の地域チェーンが存在していて順調に成長を続けているということを、今日(2018年8月11日)、初めて知りました。

その喫茶・飲食店チェーンとは、仙台市内に喫茶店4店舗と飲食店2店舗を展開しているホシヤマ珈琲店です。

 

そのホシヤマ珈琲店が手掛けるベーカリーカフェ「ザ モスト ベーカリー アンド コーヒー(THE MOST BAKERY & COFFEE)」が、8月15日(2018年)、宮城・三井アウトレットパーク 仙台港に新店をオープンさせると報じられています。

 

ホシヤマ珈琲店は1974年(昭和49年)創業で、地元では、自社で焙煎(自家焙煎)した焙煎後1週間以内の新鮮で香りの良い焙煎コーヒー豆を使って、1杯1杯丁寧にドリップ抽出したコーヒーを提供することで知られているそうです。1杯1000円のコーヒーですから、それくらいの丁寧さは当然なのだと思います。

パンとコーヒーは、相当に相性が良い食べ物と飲み物だと思います。あのスターバックスコーヒーも、積極的にパンとコーヒーが売り物の店舗を展開すると報じられているわけですから・・・。


コーヒー豆を自家焙煎していない地域の独立系喫茶店が、ホシヤマ珈琲店のようにコーヒーで差別化を演出しようと考えるなら、現在のところ思いつくのは、地域の小規模な自家焙煎コーヒー豆小売専門店などから煎りたての焙煎コーヒー豆を小分け(100g~200g単位で)調達する方法です。

 

ということで、地域の小規模な自家焙煎コーヒー豆小売専門店であるエカワ珈琲店は、100gずつの小分けなら少し高い価格になっているかもしれませんが、200gずつの小分けで合計で600g以上買って頂いたら、喫茶店やホテルのラウンジで業務用に使って頂いても十分に採算の合う価格で小分け販売しています(orいるつもりです)。 

 

【参考までに】

年老いた珈琲豆焙煎屋夫婦が営む自家焙煎コーヒー豆小売専門店「エカワ珈琲店」は、和歌山県の県庁所在地・和歌山市のビジネス街(和歌山城の近く)に店舗を構えています。ですから、店舗周辺には、ビジネスホテルや喫茶店・レストランが幾つもあるのですが、エカワ珈琲店の自家焙煎コーヒー豆を購入してくれている店は皆無です。

立地の関係で、ビジネスホテルに出店する店舗に自家焙煎コーヒー豆を納入させてもらうこともあるのですが、それは最初のうちだけで、あっという間に大手・中堅珈琲企業に代わられてしまいます。

大量に自家焙煎コーヒー豆を購入してくれる喫茶店やレストランでも、同じことが起こります。

そのような理由で、エカワ珈琲店は、馬鹿馬鹿しくなってしまって、業務卸向け見積もり販売はやめました。その代わり、ある程度の量の自家焙煎コーヒー豆を購入して頂ければ、業務用に使って頂いても採算に合うだろうと思う価格で小売販売しています。