珈琲&飲食ライブラリー

アフリエイトで小遣い稼ぎが目的のブログサイト。珈琲・食品・飲食系の記事をエントリーしているつもりです。

エカワ珈琲店の自家焙煎コーヒー豆、アマゾンで好評販売中!!

ネコポス便でセット商品をポストまでお届け

ネコポス便でシングルオリジンをポストまで

 

日本のコーヒー市場は、消費者購入ベースで市場規模が2兆9000億円に

全日本コーヒー協会会長の横山敬一氏(味の素AGF)が、1月9日(2018年)に大阪市で開催された全日本コーヒー協会新春賀詞交歓会で、2017年の日本のコーヒー市場を振り返って以下のように冒頭であいさつしたと報じられています。 

昨年を振り返り、「昨年のコーヒー消費量は過去最高水準を確保した。市場規模も消費者購入ベースで2兆9,000億円になった模様で、これは会員各位の新たな需要の創造や新製品の開発といった取り組みの賜物である」と述べた。(食品産業新聞ニュースWEBより) 

この記事の全文は、『江川珈琲店の珈琲ブログ』の次の記事でご覧頂けます。

www.ekawacoffee.work

 

日本の珈琲市場も、グローバル珈琲市場の影響を受けるのは免れないと、年老いた珈琲豆焙煎屋は考えています。

日本の珈琲産業を、ファーストウェーブコーヒー、セカンドウェーブコーヒー、サードウェーブコーヒーに分類できるのだとすると、全日本コーヒー協会に加盟している会員の大半は、ファーストウェーブコーヒーの市場で事業を展開している珈琲会社だと思います。

 

ファーストウェーブコーヒー、セカンドウェーブコーヒー、サードウェーブコーヒー、何れの珈琲商品も、アマゾンで購入することができます。しかし、アマゾンに一番多く商品が出品されているのは、ファーストウェーブコーヒーに分類される珈琲会社の商品です。

 

参考までにですが、地方で零細生業パパママ店規模の自家焙煎コーヒー豆小売店を営んでいるエカワ珈琲店(店主は年老いた珈琲豆焙煎屋)も、アマゾンに珈琲商品を出品しています。