エカワ珈琲店の自家焙煎コーヒー豆、アマゾンで好評販売中!!

ショピング案内ページは⇒コチラ

 

空きページ

自宅で美味しいコーヒーを淹れるのに必要なモノ【商品案内版】

『自宅で美味しいコーヒーを淹れるのに必要なモノ【商品案内版】』の記事は削除しました。 記事内容は、下のリンク先ページの記事とほぼ同じです。 よろしければ、そちらをご覧いただければ幸いです。 www.ekawacoffee.work

空いているページ

サンフランシスコのコーヒー屋さんと言えば「ブルーボトルコーヒー」や「「フォーバレルコーヒー」が有名ですが、2009年創業の『サイトグラスコーヒー(Sightglass coffee)』というコーヒー屋さんも、多くのコーヒー好きの人たちの注目を浴びているようで…

日本の家庭用コーヒー市場は、外資系が強い市場なのかもしれません

2010年の春、スターバックスコーヒーがAGFと組んで日本の家庭用コーヒー市場に進出してきました。 そして、世界最大のコーヒー企業の日本法人ネスレ日本が、「次世代コーヒー」と銘打って、新製法のインスタントコーヒー(ソリュブルコーヒー)を日本の家…

コールドブリューコーヒーが人気です。今後、ホットブリューコーヒーにも注目が集まるかもしれません

焙煎コーヒー豆粉砕物(粗挽きの焙煎コーヒー顆粒)を16時間~48時間、冷たい水に浸漬させて醸造するコールドブリューコーヒーが注目を集めています。 冷たい水に焙煎コーヒーの顆粒を浸漬させて作るのがコールドブリューコーヒーで、氷の中にお湯で淹れた…

1960年代、人気喫茶店の人気メニュー、「クリームソーダ」

純喫茶コロナでは、メロンシロップと炭酸水とアイスクリームと割った氷で「クリームソーダ」を作っていました。

街で飲むコーヒー、「おまけ」から「プレミアム」へと様変わり

昭和喫茶店ブームの頃、コーヒーは喫茶店でお金を出して飲むプレミアムドリンク(高級な飲み物)でした。それが、昭和喫茶店ブームの原動力だったと考えています。 喫茶店で食事メニューが提供されるようになって、コーヒーが食事メニューの「おまけ」で提供さ…

地方都市の高齢者が営む零細生業の自家焙煎コーヒー豆小売専門店でも頑張れる

この記事は、年老いた珈琲豆焙煎屋のブログに引っ越しました。下のリンク先ページでご覧ください。 www.ekawacoffee.work

焙煎コーヒー豆の煎り加減(焙煎度合)

この記事は、2020年9月6日(日曜日)、年老いた珈琲豆焙煎屋の珈琲ブログに移転しました。下のリンク先ページで読んで頂けます。 www.ekawacoffee.work 焙煎コーヒー豆の煎り加減(焙煎度)はコーヒー豆焙煎事業者によって様々ですが、焙煎コーヒー豆の色…

2000年前後のアメリカのコーヒー業界と2010年代後半の日本のコーヒー業界

この記事は、下のリンク先ページで読んで頂けます。 www.ekawacoffee.work

コーヒー成分の理想的な抽出時間と理想的な抽出温度

このブログの『コーヒー成分の理想的な抽出時間と理想的な抽出温度』の記事は、削除しました。 下のリンク先ページの記事は、このブログの『コーヒー成分の理想的な抽出時間と理想的な抽出温度』の記事と、ほぼ同じ内容になっています。 よろしければ、下の…

消費者がコーヒーをブランドで選択する時代

このページの記事は、下のリンク先ページに移転しました。 www.ekawacoffee.work

クラフトコーヒー/Craft Coffee

クラフトビール/Craft beer 、クラフトドーナツ/Craft doughnuts 、クラフトコーヒー/Craft coffee と、アメリカでは、クラフト商売がブームになっているようです。 流れ作業の大規模工場で大量生産された製品が、マスマーケットで消費されるようになった…

日本のコーヒー市場は、消費者購入ベースで市場規模が2兆9000億円に

全日本コーヒー協会会長の横山敬一氏(味の素AGF)が、1月9日(2018年)に大阪市で開催された全日本コーヒー協会新春賀詞交歓会で、「日本のコーヒー市場は2兆9000億円規模・・・」と冒頭の挨拶で語ったと報じられています。

浅煎りから深煎りまで、焙煎コーヒー豆の焙煎度

この記事は削除しました。 削除した記事と同じ内容の記事は、下のリンク先ページで読んで頂けます。 www.ekawacoffee.work なお、このページには、近々、新しい記事を掲載する予定です。

カリタ式コーヒーの淹れ方【商品案内版】

『カリタ式コーヒーの淹れ方【商品案内版】』の記事は削除しました。 下のリンク先ページの記事は、『カリタ式コーヒーの淹れ方【商品案内版】』の記事と、ほぼ同内容ですから、そちらでご覧頂ければ幸いです。 www.ekawacoffee.work

焙煎コーヒー豆のシェルフライフ【珈琲&飲食ライブラリー版】

焙煎コーヒー豆のシェルフライフ【珈琲&飲食ライブラリー版】の記事は、下のリンク先ページの記事と、ほぼ同じ内容なので削除しました。 興味があれば、下のリンク先ページを訪問して頂けたら幸いです。 www.ekawacoffee.work