エカワ珈琲店の自家焙煎コーヒー豆、アマゾンで好評販売中!!

ネコポス便でセット商品をポストまでお届け

ネコポス便でシングルオリジンをポストまで

 

未登録

RTD(レディートゥドリンク)コーヒーとは?

缶やペットボトル入り飲料・紙パック入り飲料などの、購入後すぐ飲める容器入り飲料のことをRTD(レディートゥドリンク)と表現することもあります。

焙煎コーヒー豆の煎り加減(焙煎度合)

この記事は、2020年9月6日(日曜日)、年老いた珈琲豆焙煎屋の珈琲ブログに移転しました。下のリンク先ページで読んで頂けます。 www.ekawacoffee.work 焙煎コーヒー豆の煎り加減(焙煎度)はコーヒー豆焙煎事業者によって様々ですが、焙煎コーヒー豆の色…

地元の食品・食材を小売販売するマーケットプレイス

アメリカの流通業界ですが、地元で収穫された、あるいは、地元で製造加工された食品・食材を中心に小売販売するマーケットプレイス(食品市場)が、特定の消費者に支持されているようです。

消費者は、レギュラーコーヒーと煎りたて焙煎コーヒーを使い分けているのだと推測しています

コーヒー消費の大半は、ブラジルやコロンビア、ロブスタなどをブレンドした一般的なレギュラーブレンドコーヒー、価格の比較的安いレギュラーコーヒーが中心となっているのだと思います。

焙煎コーヒー豆を挽く

焙煎コーヒー豆から、お湯を使ってコーヒーの成分を抽出・分離・洗浄・ろ過する作業がコーヒーの醸造(コーヒーを淹れる)作業なのだとエカワ珈琲店は考えています。 コーヒー醸造の第1段階がコーヒー成分の抽出だと考えているのですが、焙煎コーヒー豆からコ…

食材を分子レベルで解析する時代

アメリカ第5位の小売りチェーン「ターゲット」が、食品を分子レベルで解析して食の透明性を高める研究をするベンチャー企業型の研究室を立ち上げたと伝えられています。 ↓↓↓ 【ターゲット】、MIT等と食品ラボを開設!分子レベルで青果物を裸にするスキャ…

喫茶店と布フィルター

その昔、昭和40年代の終わり頃まで、ほとんどの喫茶店では、コーヒーを布フィルターで淹れていました。 コーヒー専門店=サイフォンコーヒーとなったのは、昭和の後半、1970年代の中頃以降のことです。 HARIO (ハリオ) ネルドリップ ろか器 ウッドネッ…

HANDCRAFTED DRIP COFFEE

アメリカ第3の波系コーヒー企業の御三家の一つ、「カウンター・カルチャー・コーヒー」のホームページ内で、『HANDCRAFTED BREWING』というPDFのページを見つけました。 そのページの『HANDCRAFTED DRIP COFFEE…

昔は10年、今は2年~3年くらいの経験があれば

焙煎機の操作方法がわからないと、コーヒー豆を焙煎することは不可能です。昔、バブルの時代の真っ最中、学習研究社から発売されていた「ユーカス」という卓上型の焙煎機を購入したときには、相当に詳しいマニュアルがついていました。そのマニュアルを読め…

関西系コーヒー屋(自家焙煎店)のコーヒー豆の値段

「自家焙煎珈琲店めぐり」という有名なサイトに、自家焙煎コーヒー店と呼ばれている、ミニロースターのコーヒー豆販売価格を比較した表が掲載されています。 (自家焙煎コーヒー店めぐり/豆の価格分布) コーヒー豆100gの価格を比較したグラフですが、こ…

レインフォレスト・アライアンス(RA/熱帯雨林同盟)認証

レインフォレスト・アライアンスのサイトによると、土地の利用法、商取引の方法、消費者の行動を変えることにより、生物の多様性を維持し、人々の持続可能な生活を確保することを使命とする団体、それがレインフォレスト・アライアンス(RA/熱帯雨林同盟)…

スタバから可否茶館へ

アメリカでの話しですが、スターバックスの業績が落ち続けているということです。アメリカが市場主義の時代となって、アメリカの人たちが異常に働き出した時期に出現して、まったたく間にアメリカ国内を席捲して、その後、日本を始めとして、世界中の経済的…

自家焙煎店開業セミナー

コーヒー豆自家焙煎店の開業が後をたたないと、帝飲食料新聞に書いてあります。 1月に東京で開催された『自家焙煎店開業セミナー』に、定員一杯の50名が参加していたそうです。 コーヒー豆の焙煎技術や商品知識は、比較的容易に習得できて、基本的な集客…

スターバックスゴシップ

アメリカのコーヒーショップ事情、嘘か真か、確かめる術もないのですが、チェーンの店ではなくて、独立系のコーヒーショップが繁盛しているみたいです。 独立系のコーヒーショップは、コーヒー大好きな人が起業して、コーヒー好きのスタッフによって運営され…

コーヒー豆の市場

コーヒー豆の業界、業務用も、オフィス用も、家庭用も、すべてで市場が成熟してしまっています。 そして、当然のこととして、成熟した市場の取り合いが始まっています。 宣伝・価格・サービス競争に代表される、お客さんの囲い込み合戦が熾烈を極め、寡占化…

スターバックス成功物語

『スターバックスコーヒー』、1986年頃からアメリカ西海岸で注目を浴び始めて、その10年後の1996年に日本に進出、数年で日本法人が証券市場に上場を果たし、現在、一時ほどの勢いが無いけれども、今なお成長を維持しているようです。 日本進出当初…