スターバックスリザーブロースタリー東京が、独立系(or個人経営)の喫茶店に希望を与えてくれるかもしれません

f:id:ekawa:20190302204446j:plain

スターバックスコーヒーのホームページより引用

2019年2月28日、東京都の中目黒に「スターバックスリザーブロースタリー東京」がオープンしました。

入店するのに3時間待ちという大変な人気で、「3時間待って入店すると、そこは天国だった! あまりの興奮に気が付けば1万円も使ってしまっていた」と、ロケットニュース24が報じています。

rocketnews24.com

 

『コーヒーを売って儲ける』、それが喫茶店ビジネスの基本だと思います。その基本を忠実に実践しているのがスターバックスコーヒーなのだと、「スターバックスリザーブロースタリー東京」に関するニュースを漁っていて感じたわけです。

 「スターバックスリザーブロースタリー東京」は、顧客を引き付けるための投資なのかもしれません。

消費者との相互作用を作り出して顧客を虜にするマーケティングについては、スターバックスコーヒーに対抗できる喫茶店チェーンは存在していないようです。

3時間待って入店して、興奮のあまり気が付けば1万円も衝動買いしてくれるわけですから。

 

スターバックスコーヒーは、コーヒーで儲けることに徹しているような気がします。おそらくそれが、儲けられる喫茶店の条件のような気がします。

コーヒーの付加価値をできるだけ高級化することで、収益の最適化を目指しているのだと推測しているわけです。

喫茶店市場では、喫茶店チェーンに勢いがあって、独立系(or個人経営)の喫茶店は四苦八苦の状況が続いているようですが、「スターバックスリザーブロースタリー東京」が大人気というニュースに接していると、もしかしたら、独立系(or個人経営)の喫茶店にも希望があるような気がしてきます。

 

喫茶店ビジネスで収益を増やすには、固定費比率を下げるか売上を増やすかしか選択肢は無いのだと思います。

付加価値の取れないメニューを取り除いて、メニューを絞ることで商品の提供を合理化すれば固定費比率を下げることができますが、それにプラスしてコーヒーメニューを高級化できれば、もっと固定費比率を下げることができます。

そして、コーヒーメニューを高級化しようとする努力が、客数の増加と売上の増加につながるかもしれません。

 

エカワ珈琲店は小規模な田舎町の珈琲豆焙煎屋ですが、独立系(or個人経営)の喫茶店のコーヒーメニュー高級化のお手伝いができるかもしれないと考え始めています。

零細生業パパママ店という理由と、経営者の年齢が年齢だという理由で、独立系(or個人経営)の喫茶店にアプローチするのはあきらめていたのですが・・・、考え方をあらためるつもりです。

 

関連ストーリー

ekawa.hatenadiary.jp

ekawa.hatenadiary.jp

coffeehouse.hateblo.jp