珈琲ブログ

コーヒー豆自家焙煎店経営歴30年の珈琲屋が、珈琲稼業の世界を案内しています

 

焙煎コーヒー豆の業務卸は、今はもう珈琲豆自家焙煎店では手におえない

f:id:ekawa:20181007200159p:plain

資金力の乏しいコーヒー豆自家焙煎店が焙煎コーヒー豆の業務卸(オフィスコーヒーサービスを含めて)は、個人経営の喫茶店・カフェを含めて、今はもうコーヒー豆自家焙煎店の手におえる領域では無くなっていると考え始めている、エカワ珈琲店の今日この頃です。

 

ひと昔(10年)前までなら、街中の零細生業パパママ経営の自家焙煎コーヒー豆店でも、無理をすれば、オフィスコーヒーサービスのお客さんを何とか確保することもできました。

現在(2018年)はというと、零細な自家焙煎コーヒー豆店はもちろんのこと、小規模な地方の珈琲ロースターでも、オフィスコーヒーサービスビジネスから追い出されてしまっているか、追い出されつつあるかのどちらかです。

 

小規模な個人経営の喫茶店・カフェ・飲食店(レストランなど)を対象とする焙煎コーヒー豆業務卸の競争も激しくなって来ていますが、時々、珈琲豆自家焙煎店を利用する店もあります。しかし、小規模な個人経営の喫茶店・カフェ・飲食店(レストランなど)の店舗数は減少を続けています。

それ以外の従来型の焙煎コーヒー豆業務卸は、もっともっと競争が激しくなっていて、完全に珈琲豆自家焙煎店の出る幕は無くなってしまっています。

 

アルコール類というカテゴリーがあるように、コーヒー類というカテゴリーが誕生しているのだと思います。

珈琲ロースターや自家焙煎店などのコーヒー豆の焙煎屋が商っている焙煎コーヒー豆は、今後、コーヒー類というカテゴリーの中の一つの領域という位置づけになって行くような気がします。

同じ焙煎コーヒー豆でも、賞味期限が長い焙煎コーヒー豆と、自家焙煎店が扱う煎りたてで賞味期限の短い焙煎コーヒー豆が商品として存在しているわけですから。

 

街で飲むコーヒーの市場は拡大を続けている成長市場ですから、伝統的な珈琲業界以外からも参入機会を伺っている企業が数多く存在しているはずです。

今後、街で飲むコーヒーを提供する場所には、様々なルートから、様々なコーヒー商品が供給されるようになって行くだろうと推測しています。

   

街で飲むコーヒー市場への焙煎コーヒー豆供給ルートですが、 別に珈琲ロースターがダイレクトに飲食店舗に焙煎コーヒー豆を配達する必要が無いわけです。

例えば、食品問屋さんや食品スーパーや食料品店が、珈琲ロースターやコーヒー豆自家焙煎店から焙煎コーヒー豆を仕入れて、街の飲食店舗やホテルなどに配達するという供給ルートも考えられるわけです。

 

喫茶店・カフェ、飲食店(レストランなど)向け焙煎コーヒー豆業務卸についても、今後、急速に様変わりして行くはずです。

強いブランドを持つ珈琲屋さんは、付加価値の高い商売を営むことが出来ると思います。しかし、知名度の低い零細ブランドでは、付加価値が付けるのが難しくなって行くだろうと推測しています。

 

名前が知られていてもブランドイメージで劣っていれば、焙煎コーヒー豆で付加価値を付けるのが難しくなって行くはずです。おそらく、もう、その方向で進んでいるように感じられます。

焙煎コーヒー豆の付加価値を維持するために巨額の販売促進費を投入して、高額な珈琲機器を無料レンタルするという方向に進んで行くような気がします。

 

喫茶店・カフェ、その他の飲食店向け焙煎コーヒー豆業務卸ですが、オフィスコーヒーサービス同様、高額珈琲機器の無料レンタル競争に突入しているような気がします。

小規模な珈琲屋が、この競争に巻き込まれないで喫茶店・カフェ・飲食店(レストランなど)に焙煎コーヒー豆を買ってもらうには、相当に強力なブランドイメージが必要だと考えています。

 

 

だけど、大多数の小規模な珈琲屋(or珈琲豆自家焙煎店)は、吹けば飛ぶような知名度の低いブランドで商売を営んでいます。

小規模な珈琲屋が、高額な珈琲機器を無料レンタルするのは無理です。だけど、ブランドで勝負することもできません。

 

我がエカワ珈琲店も、吹けば飛ぶような知名度の低いブランドで商売を営んでいる小規模な珈琲屋です。

吹けば飛ぶような小規模な珈琲屋ですから、店舗と通信販売による焙煎コーヒー豆小売商売に全力を投入しようと考えています。しかし、喫茶店・カフェ・飲食店(レストランなど)に焙煎コーヒー豆を買ってもらうこともあきらめていません。

 

「煎りたて新鮮、賞味期限の短い焙煎コーヒー豆」を売っているわけですから、その特徴を強調する商売を徹底して行こうと考えています。

ちなみに、エカワ珈琲店は、ほんの僅かですが、喫茶店・カフェに焙煎コーヒー豆を買ってもらっています。配達はできないので、宅急便で送らせていただくか、店に買いに来てもらっています。 

 

そんなエカワ珈琲店が、是非、開発したい販売ルートがあります。それは、地域を基盤とする食品スーパー(できれば、喫茶店・飲食店・オフィスに配達もしている食品スーパー)に「煎りたて新鮮、賞味期限の短い焙煎コーヒー豆」を納入するルートです。

おそらく、この販売ルートが、今後、地域の珈琲豆自家焙煎店の重要な販売ルートになって行くような気がしています。