珈琲ブログ

コーヒー豆自家焙煎店経営歴30年の珈琲屋が、珈琲稼業の世界を案内しています

 

スターバックスコーヒー製品を販売する権利を約8000億円でネスレが購入したというニュースに接して感じたこと

 

 

f:id:ekawa:20180601161226p:plain

世界最強のコーヒーブランドと言えば、スターバックスコーヒーです。規模で世界最大のコーヒー企業と言えば、スイスに本拠を置く多国籍企業ネスレです。

そのネスレが、スターバックスコーヒーの製品を、スターバックスコーヒーの店舗以外で売る権利を約8000億円で購入すると伝えられています。

 

スターバックスコーヒーは喫茶店チェーンですから、当然、ビジネスの中心は、スターバックスコーヒーが第三の場所と呼んでいる店舗小売が主となっているはずです。

一方、ネスレは、食品小売店などの販売チャンネルを通じて、家庭で飲むコーヒーを小売販売するビジネスを得意とするコーヒー企業です。

 

今回の購入劇は、ネスレの強力な家庭向けコーヒー販売チャンネルを通じて、スターバックスコーヒーの製品が家庭に入ってくることを意味しているのだと思います。

スターバックスコーヒーは、自分たちの製品を販売する権利を売って約8000億円を手に入れて、それにプラスして、世界最大規模を誇るコーヒー企業の強力な販売チャンネルを通じて自分たちの製品を売ってもらえるわけです。

 

ネスレのメリットは、自分たちが築いて来た家庭向けコーヒー販売チャンネルの商品群に、スターバックスコーヒーブランドを冠した製品が仲間入りすることで、販売チャンネルのブランド影響力がアップすることにあるのだと思います。そのために、スターバックスコーヒーに約8000億円を支払うのだと推測しています。

 

ネスレがスターバックスコーヒー製品を販売する権利を購入するというニュースに接して、コーヒー第1の波・コーヒー第2の波・コーヒー第3の波、そして、小規模零細ナノロースター(コーヒー豆自家焙煎店)の、コーヒー市場での棲み分けがなされているのを再確認できました。

coffeehouse.hateblo.jp

 

おそらく、その棲み分けを無視したビジネスは、世界規模の巨大コーヒー企業であっても採算が合わなくなっているのだと思います。

日本のコーヒー業界でも、市場の棲み分けを理解している珈琲会社が成長を続けていて、市場の棲み分けを無視している珈琲会社は停滞しているように見受けられます。

 

 例えば、零細生業パパママ経営の自家焙煎コーヒー豆小売店と市場でバッティングする大手・中堅規模の珈琲会社があったとすれば、それは、資本と時間の浪費を意味しているわけですから。