珈琲ライブラリー

2019年5月から更新を停止しています。

珈琲ライブラリーの記事のほとんどが、江川珈琲店の珈琲ブログの記事を再掲載したものです。同じ記事を別々のブログに掲載するのは非効率ですから、珈琲ライブラリーの更新を停止することにしました。

 

バーやレストランに最適な珈琲のアレンジメニュー、それはコーヒーカクテル

 珈琲ライブラリーの記事のほとんどが、江川珈琲店の珈琲ブログの記事を再掲しています。同じ記事を別々のブログに掲載するのは非効率ですから、珈琲ライブラリーの更新を停止することにしました。

 

f:id:ekawa:20180401143746p:plain←AFGラウンジより引用

珈琲とお酒、相性が良いのだと思います。珈琲のバリエーションは1000種類を超えるといわれていて、その中に、珈琲とお酒で作るコーヒーのアレンジメニューも含まれています。

www.agf.jp

 

ブランデーをしみこませた角砂糖を使ってムードを楽しむのがカフェ・ロワイヤルで、白ザラメ糖とリキュールが入れたワイングラスに熱いホットコーヒーを注いでホイップクリームを浮かべるアイリッシュコーヒー、ブランディーにアイスコーヒーを注いでホイップクリームを浮かべるカフェ・アレキサンダー、アイスコーヒーにブランディーや赤ワインを加えるカフェ・マザグランと、コーヒーとお酒で作る有名な珈琲のアレンジメニューは幾つも知られています。

 

最近、アイスコーヒー(or冷たいコーヒー)とお酒で作るコーヒーカクテルが、バーやレストランの夜のコーヒーメニューに最適だと注目を浴び始めているようです。

バーラウンジや夜のレストランには、一般的なコーヒーメニューは似合いません。また、お酒を使ったコーヒーのアレンジメニューは、コーヒー1杯の単価を上げてくれます。

 

というような理由で、コーヒーカクテルが、バーやレストラン関係者に注目され始めているのだと思います。今後、コーヒーカクテルをメニューに採用するバーやレストランが増えて行くのは時代の流れだと考えています。