珈琲ブログ

コーヒー豆自家焙煎店経営歴30年の珈琲屋が、珈琲稼業の世界を案内しています

 

サントリーは「プライドオブボス」で缶コーヒー市場の活性化を目指しているようです

サントリーは、「BOSS」の発売25周年を記念して、「プライドオブボス」(185g缶、115円)の第2弾を2月6日から発売すると発表しています。

www.suntory.co.jp

 

昨年の9月に発売した第1弾は、ブラジルの契約農園のコーヒー生豆を使用して、「コーヒー生豆にこだわった」商品で、今回発売する第2弾は、「香りにこだわった」商品に仕上がっているとのことです。

 

サントリー プライドオブボス 185g缶×30本

サントリー プライドオブボス 185g缶×30本

 

  

サントリーは、缶コーヒー市場の7割近くを占めている185g缶コーヒー市場の再活性化を図るために大型プロモーションを実施すると発表しています。

アメリカのコーヒー市場で、缶コーヒーや瓶詰コーヒーが人気を集めているという話も流れて来ているわけですから、缶コーヒーの中味次第では、日本でも缶コーヒーが再び注目される可能性があるかもしれません。