グルメ(スペシャリティー)コーヒー市場の将来性

地域を拠点とする珈琲会社が提供する「煎りたて、新鮮な」スペシャリティー(orグルメ)コーヒーですが、高付加価値で成長が見込めるコーヒーの有望ニッチ市場なのだと思います。

カリタ 手挽きコーヒーミル KH-3 #42077

カリタ 手挽きコーヒーミル KH-3 #42077

 

  

コーヒー市場占有率で世界第1位と第2位を占めるネスレとJKBが、相次いでスペシャリティー(orグルメ)コーヒー市場のトップランナーたちを傘下に収めているわけですから、そのように考えても何ら不自然では無いのだと思います。

 

アメリカのレストラン業界は、付加価値の高い「煎りたて、新鮮な焙煎コーヒー豆」に注目していて、実際に、「煎りたて、新鮮な焙煎コーヒー豆」で淹れるコーヒーをメニューに載せるレストランが増加傾向にあるようです。

例えば、ファミリーレストランのCracker Barrel Old Country Store(クラッカーバレルオールドカントリーストアー)は、付加価値の高い「煎りたて、新鮮な」スペシャリティー(orグルメ)コーヒーに注目しているレストラン企業なのだと思います。

 

日本でもハンバーグレストランの「びっくりドンキー」が、自家焙煎した「煎りたて、新鮮な」スペシャリティー(orグルメ)コーヒー豆を使って淹れたコーヒーを提供しています。

 

「煎りたて、新鮮な」スペシャリティー(orグルメ)コーヒー市場の占有率は10%未満だと言われていますから、今後、レストランのメニューに「煎りたて、新鮮な」スペシャリティー(orグルメ)コーヒーが掲載されるようになれば、家庭向け市場も含めて相当な成長が見込めるのかもしれません。