珈琲ブログ

コーヒー豆自家焙煎店経営歴30年の珈琲屋が、珈琲稼業の世界を案内しています

 

国際コーヒーの日/International Coffee Day

 

 

2015年から、国際コーヒー機関(IOC)に加盟している77の国と数十のコーヒー協会が、毎年10月1日を「国際コーヒーデー/International Coffee Day 」として、様々なイベントを実施しています。

コーヒーは、世界で一番愛されている嗜好飲料です。中毒性があるとという意見もありますが、コーヒーの飲用を禁止している国はありません。

 

コーヒーは、私たちの生活に欠くことのできない飲料になっていて、世界では毎日200億杯以上のコーヒーが消費されているとも言われています。

コーヒーの原料となるコーヒー生豆は熱帯地域の国々で生産されていて、石油に次ぐ国際商品だと言われています。

 

コーヒーの原料となる生豆は、収穫後1年~2年の期間、劣化することはありませんが、焙煎加工したコーヒー豆は、焙煎後1か月もすると、香りも味も相当に劣化してしまいます。

それが、生産地では無くて、消費地の近くで焙煎加工している一番の理由です。焙煎加工したコーヒー豆は、鮮度に注意しなければならないローカルフードなのだと思います。

   

国際コーヒー機関によって、国際コーヒーデーは10月1日とされているのですが、各国には、それぞれの国のコーヒーの日(ナショナルコーヒーデー)が存在していて、様々なイベントが実施されています。

 

ちなみに、9月29日をコーヒーの日(ナショナルコーヒーデー/National Coffee Day )としている国が一番多くて、アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、インド、エチオピアなど、多数の国が9月29日をコーヒーの日(ナショナルコーヒーデー)としています。

 

2014年頃までは、9月29日が「国際コーヒーデー」と国際的に認識されているようです。

しかし、イギリスのロンドンに本部がある『国際コーヒー機関』は、2015年から、イタリアのミラノで開催される国際万博に合わせて、毎年10月1日を「国際コーヒーの日」とすることを理事会で決定しています。