コーヒーメニューがレストラン経営を左右する

レストランの数あるドリンクメニューの中でコーヒーメニューは、最強の部類に入るドリンクメニューなのだと思います。

メインメニューの原価率を落とせないレストラン経営には、救いの神になっているのかもしれません。

 

 

業績低迷で悩んでいたアメリカのマクドナルドですが、業績が回復を始めていて、それを牽引しているのがコーヒーメニューだと伝えられています。

マクドナルドはファーストフードチェーンですから、レストランメニューの多様化には限度があるのだと思います。

 

アメリカのマクドナルドは、それをコーヒーメニューで補うという戦略を採用しているのだと想像しています。

食事は、朝・昼・晩と1日3食ですが、飲み物は、それよりも多い頻度で飲まれています。そして、コーヒーは、ドリンクメニューの中で相当に付加価値の高い飲み物なのだと思います。

 

アメリカのレトラン業界ですが、日本のレストラン業界と違っていて、チェーン店も独立店も、真剣にコーヒーメニューと取り組んでいるようです。