コーヒーに「こだわる」というサービス

お気に入りのコーヒー豆自家焙煎店で、「煎りたて、新鮮、香りの良い」焙煎コーヒー豆を購入するコーヒー消費者は、好みの焙煎加減(焙煎コーヒー豆の煎り加減)を持っていて、自分好みのコーヒーを淹れる技術・方法を知っている消費者なのだと思います。

  

顧客はサービスを買っている―顧客満足向上の鍵を握る事前期待のマネジメント

顧客はサービスを買っている―顧客満足向上の鍵を握る事前期待のマネジメント

 

 

そして、街角で飲むコーヒーについては、いつも利用するコーヒーショップ(or喫茶店・カフェ)を決めているはずです。

おそらく、地元のお気に入りの喫茶店・カフェか、名前の知られているチェーン店を利用するのだと思います。

そうすれば、当たりはずれの無いコーヒーを楽しむことができるわけです。

 

しかし、自動車屋さんのショールームやホテル・旅館などで無料提供されるコーヒーには、飲む側に選択肢は存在していません。

コーヒーを消費するのは、サービスを提供する側ですから。

 

飛行機の中で飲むコーヒーについても飲む側の選択肢が存在していないわけですが、最近、こだわりのコーヒーやグルメコーヒーを提供する航空会社が増えているという話を、移動に飛行機を度々利用している知り合いから教えられました。

 

「サービスで提供しているのから別にこだわらなくても」というのでは、サービスの意味が無くなってしまうのだと思います。

今後、「コーヒーにこだわるというサービス」を提供する場が増えて行くのだとすると、街中の小規模なコーヒー豆自家焙煎店にはチャンスなのかもしれません。

 

会社が導入しているオフィスコーヒーサービスのコーヒーが気に入らないので、会社近くのコンビニ淹れたてコーヒーを購入する人が増えているそうです。

もうすぐ、オフィスコーヒーサービスも「こだわり」の時代に突入するのかもしれません。

 

ここにも、街中の小規模なコーヒー豆自家焙煎店のチャンスが存在しているのだと考えています。

「煎りたて、新鮮な焙煎コーヒー豆」を使って、市販のコーヒーメーカー(通販で購入できる)で香りの良いーヒーを淹れるのは簡単なことですから。