地域におけるコーヒー豆自家焙煎店と喫茶店やカフェとの相性

コーヒー豆自家焙煎店の役割は、地域の特別な焙煎コーヒー豆需要に応えることだと考えています。

例えば、街中の小さな喫茶店やカフェですが、その昔、焙煎したコーヒー豆の調達先は、業務用卸メインのコーヒー豆焙煎会社しか無かったわけです。

 

Kalita(カリタ) 水出しコーヒー器具 水出し器10人用 45063

Kalita(カリタ) 水出しコーヒー器具 水出し器10人用 45063

 

  

業務用卸メインのコーヒー豆焙煎会社の中から1社と契約して、その1社だけから焙煎したコーヒー豆を購入していたわけです。

現在(2017年)は、どの街でも、小さなコーヒー豆自家焙煎店が、少なくて1店舗、多い地域では数店舗が存在しています。

 

街中の小さな喫茶店やカフェでも、コーヒー豆自家焙煎店(小さな焙煎屋)が数多く営業している地域で営業しているのなら、幾つかの焙煎屋さんから、少しずつ焙煎コーヒー豆を調達することが可能なのだと思います。

 

街中の小さな喫茶店やカフェが、業務用卸メインのコーヒー豆焙煎会社から調達する場合、一度に、相当量の焙煎したコーヒー豆を仕入れることになります。

購入単価は高くなっても、少量(例えば200g)調達を希望する喫茶店やカフェが存在しているかもしれません。

 

地域のコーヒー豆自家焙煎店は、それらの需要に応える必要があるのだと思います。

コーヒー豆自家焙煎店の大半は、小型の生産用コーヒー豆焙煎機(3kg~5kg容量)を駆使してコーヒー豆を焙煎しているわけですから、喫茶店やカフェのスペシャリティーコーヒー需要に応えることができます。

 

幾種類かのスペシャリティーコーヒーを、少量(例えば200g)ずつ、喫茶店やカフェに販売することも可能です。

また、喫茶店やカフェで、焙煎したスペシャリティーコーヒー豆を小売販売してもらうこともできます。

 

街中の喫茶店やカフェと地域のコーヒー豆自家焙煎店は、相当に相性が良いはずだと考えています。

街中の喫茶店やカフェがチェーン系の喫茶店・カフェと渡り合うには、地域のコーヒー豆自家焙煎店の協力が必要不可欠なのだと思います。

 

小型の生産用コーヒー豆焙煎機(3kg~5kg容量)を駆使するコーヒー豆自家焙煎店と、中型・大型のコーヒー豆焙煎機を備えた焙煎工場を持っている焙煎会社とでは、商品も商売の仕方も全く異なっているのだと思います。

前者は少量生産・少量販売を得意としていて、後者は大量生産・大量販売を得意としているわけです。

 

街中の喫茶店やカフェは、その違いを活用するべきだと思います。そして、その需要に応えるのがは、コーヒー豆自家焙煎店の役割なのかもしれません。

ということで、コーヒー豆自家焙煎店は、街中の喫茶店やカフェに、自分たちの特徴をアピールするべきだと考えています。