特集 自家焙煎店 喫茶店・カフェ 珈琲業界 How to What is 珈琲グッズ 珈琲を売る コラム

 

田舎の無名の珈琲屋を取り巻く環境は、様変わりしつつあるのだと思います

食品加工の世界では、素材がその食品の味を左右する重要な要素となるのだと思います。素材がよければ、美味しい食品ができる確率が高くなります。

焙煎コーヒー豆も加工食品ですから、当然、素材が良ければ美味しいコーヒーを淹れることのできる焙煎コーヒー豆に加工できる確率が高くなるはずです。

 

サーモス 真空断熱ポットコーヒーメーカー 0.7L ブラック ECF-701 BK

サーモス 真空断熱ポットコーヒーメーカー 0.7L ブラック ECF-701 BK

 

   

料理の世界に、一流のお店、二流のお店、三流のお店とあるように、コーヒーの世界にも、一流・二流・三流があるのかもしれません。

もちろん、情報の発信が東京中心ですから、東京(マスメディア)目線の一流・二流・三流ということになるのだと思いますが。

 

一流の(名前の知られている)珈琲屋さんは、素材の良いコーヒー豆を探すために、生産国の農場にまで足を運び研究をしているとのことです。

二流・三流の珈琲屋は、生活に追われていますから、そうはいきません。

 

一流の珈琲屋さんは、歴史の長いコーヒー生豆問屋さんから、コーヒー生豆を仕入れることができます。

しかし、二流・三流となると、馬鹿馬鹿しい話ですが、歴史の長いコーヒー生豆問屋さんには、まともに相手をしてもらえません。

 

自家焙煎コーヒー豆小売販売を始めてから10年以上の年月が経過して、店主の年齢が50歳を過ぎていても、生活に四苦八苦している貧乏なコーヒー屋は、情報の中心に位置するマスメディア関係の人たちに認めてもらえるはずがありませんから、一流の(名前の知られる)珈琲屋になれるはずが無いと2000年代の中頃(10何年か前)までは考えていました。

 

一流とされている珈琲屋さんの尻尾にしがみついて、何とか生きて行くしか他に方法が無いと考えていたわけです。

しかし、2000年代の中頃以降、世の中の流れが、ものすごく速くなっているのだと思います。

 

田舎の無名の珈琲屋にも、スペシャリティーコーヒーの生豆を、リーズナブルな価格で供給してくれる商社も現れました。

おかげで、2000年代の中頃以降、エカワ珈琲店で使用するコーヒー生豆の品質が数倍良くなっています。

 

2010年代に入って、マスメディアによる情報発信の独占がほぼ終了して、誰もが情報を発信できるライフスタイルメディアの活躍が目立ち始めています。

今後、広告媒体としてのライフスタイルメディアの役割は、さらに大きくなって行くのだと思います。

 

エカワ珈琲店ですが、自慢になるかもしれませんが、これまでマスメディアに登場させてもらったことは、ただの一度もありません。

でも、「エカワ珈琲店のブログ」・「珈琲手帳」・「珈琲社会学」などのアマチュアメディアを使っての情報発信を続けていて、その積み重ねの結果、エカワ珈琲店の運営するアマチュアメディアの合計で、毎日、約1000ページビュー近くのアクセスを集められるようになっています。

 

毎日、平均して1000ページビュー近くのアクセス数を集められるようになると、色々なビジネスが可能になって来ます。

例えば、20数年に渡って積み重ねて来た珈琲に関する知識・経験・技術を、有料記事というカタチでnoteを通じて販売していますが、その有料記事が、毎月、幾らか(僅かですが)の収入をもたらしてくれます。

 

2017年の春です。

マスメディアに依存しなくても、エカワ珈琲店のような零細個人店でも、自前のアマチュアメディアを通じて日本全国に情報を発信できて、それなりの手応えを得られる時代がやって来ています。

マスメディアで好意的に取り上げられるメリットには、まだまだ及ばないかもしれませんが、10数年前と比べれば、田舎の無名の珈琲屋(or二流の珈琲屋)を取り巻く情報環境は大きく様変わりしています。