エカワ珈琲店営業案内

エカワ珈琲店の店舗は自宅と兼用になっていて、今流行りの在宅ビジネスを、約60年間営んでいます。

そして、エカワ珈琲店のお客様のほとんどは常連のお客様(エカワ珈琲店のファン)ですから、相当に気楽な商売をさせて頂いています。

 

f:id:ekawa:20170629204739j:plain

 

エカワ珈琲店が運営管理しているオンラインメディア

エカワ珈琲店のブログ 珈琲手帳 エカワ珈琲店 ショッピングサイト

昨年(2016年)、高齢者(65歳)の仲間入りをした店主は珈琲オタクで、珈琲について語るのが大好きです。しかし、独断と偏見に基づく珈琲論ですから、それが正しいかどうかは不明です。

ちなみに、上記以外にも、「和歌山市で・・・」「65歳ですが・・・」というブログも運営管理しています。

 

 エカワ珈琲店は、こんな店です。

地方の町の小さな家族(夫婦2人だけ)が営む家庭向け焙煎コーヒー豆小売専門店です。簡単にエカワ珈琲店を疑似体験してみてください。

   ⇒ 疑似体験して頂くなら

 

現在、次のような仕事で小まめに稼いでいます

(1)自家焙煎コーヒー豆の店頭小売販売

和歌山市雑賀屋町の住居兼店舗にて、自家焙煎した煎りたて新鮮・香りの良い焙煎コーヒー豆を100gから家庭消費向けに小売販売しています。(焙煎コーヒー豆店頭価格)

 

(2)自家焙煎コーヒー豆の通信販売

エカワ珈琲店のショッピングサイトを使って、通信販売で全国のお客様に自家焙煎コーヒー豆を買って頂いています。

 

(3)喫茶店・レストラン・オフィス様にも買ってもらっています。

配達はできないので、店頭販売か通信販売で買って頂いています。業務卸価格はありませんが、まとめて量を買って頂ければ割安になる価格システムを採用しているので、業務関係のお客様にも十分に採算が合う価格になっていると思います。

 

(4)珈琲関係の記事を販売しています。

noteを通じて、エカワ珈琲店の約30年に渡る経験・知識・技術の蓄積を文章化して、1つの記事につき200円~300円で販売(有料公開)しています。(販売中の記事一覧)

 

(5)広告を貼り付けて収入を得ています。

エカワ珈琲店が運営管理している全てのオンラインメディアに、クリック広告やアフリエイト広告を貼り付けて広告収入を得ています。

 

(6)コーヒー生豆の小売販売

家庭焙煎・趣味の焙煎向けに、エカワ珈琲店で取り扱っているコーヒー生豆を100gから小売販売しています。コーヒー生豆小売販売価格は、焙煎コーヒー豆価格の50%~70%です。

 

(7)珈琲器具、珈琲雑貨も販売しています

現在(2017年)は、オンラインショッピングモールを経由して、通信販売で購入するのが当たり前ですが、昔は、近くの店舗で買うのが一般的でした。そのなごりで、エカワ珈琲店も、少しだけですが、珈琲器具・消耗品を販売しています。