読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

珈琲社会学

独断と偏見による、珈琲と食に関するエカワ珈琲店流の考察

生クリームケーキ

メニュー

生クリームがトッピングされているケーキを食べて、胃にもたれるときと、もたれないときがあります。原因は、生クリームにあると考えています。

動物性の生クリームは、酸化・劣敗していない限り、胃にもたれることが無いと思います。

 

エカワ珈琲店は、食べたことも購入したこともありません。製造元が味の素ということで紹介させて頂いています。

 

そのかわり、植物性の生クリームと違って、酸化・劣敗のスピードが早いので、賞味期限が短くなってしまいます。 

植物性の生クリームは、酸化・劣敗のスピードが遅くて、賞味期限が長くなるのですが、使用する生クリームによって、胃にもたれるものと、もたれないものがあるみたいです。

 

生クリームは、乳化食品です。

生クリームを構成している油脂の乳化状態が良好ならば、消化器官で簡単に消化されてしまうので、胃にもたれることがありません。

 

製造が雑で、あるいは、使用している原料が粗悪なら、乳化状態の悪い生クリームになってしまう可能性があります。

植物性の生クリームを使ったケーキを食べて胃にもたれる理由は、この乳化状態の悪い生クリームを使ったケーキだからだとエカワ珈琲店は考えています。