読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

珈琲社会学

独断と偏見による、珈琲と食に関するエカワ珈琲店流の考察

シェイクシャックの創業者率いるレストラン運営会社が、ニューヨークのJoe Coffeeに資本参加したそうです

ニュース

Wikipedia/シェイク・シャック」は、今売り出し中のカジュアルレストランチェーン「シェイク・シャック」を次のように紹介しています。

アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨークに本社を置くファストカジュアルレストランチェーンである。2000年にマディソン・スクエア公園で始めた屋台が起源・・・・・ 

 

おもてなしの天才―ニューヨークの風雲児が実践する成功のレシピ

おもてなしの天才―ニューヨークの風雲児が実践する成功のレシピ

 

 エカワ珈琲店の店主は、まだ読んだことも手にしたことも無い本です。

 

マクドナルドキラー、第2のスターバックスと言われているカジュアルレストランチェーン「シェイク・シャック」の創業者で、おもてなしの天才と呼ばれているダニー・メイアー率いるユニオン・スクエア・ホスピタリティ・グループ (USHG)が、ニューヨークを拠点とするサードウェーブ系コーヒーブランド Joe Coffee に資本参加したというニュースが流れています。

dailycoffeenews.com

 

現在、ニューヨークとフィラデルフィアで14店舗を展開して、ニューヨークのレストランなどにも焙煎コーヒー豆を供給しているJoe Coffee ですが、USHGの出資を得て、その事業規模をさらに拡大して行くのだと思います。

 

「シェイクシャック」は、本当に第2スターバックス路線を走っているのかもしれません。

そう言えば、「シェイクシャック」の日本進出のパートナーは、スターバックスの日本進出を支えたサザビーリーグです。