読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

珈琲社会学

独断と偏見による、珈琲と食に関するエカワ珈琲店流の考察

コーヒーメーカーを使ってレストランのコーヒーを美味しくする方法

淹れたてが売り物のコンビニコーヒーが、街でコーヒーを飲む風景の定番となっていて、レストランやホテルの高級コーヒーよりも数倍美味しいと話題になっています。

何故、コンビニコーヒーが美味しくて、ホテルやレストランのコーヒーが美味しく無いのかという疑問に対しては明確な回答が出ています。

 

Kalita(カリタ) 業務用コーヒーマシン KW-25 62051

Kalita(カリタ) 業務用コーヒーマシン KW-25 62051

 

 

一度に1000㏄~2000㏄のコーヒーを造り置きして保温しておくと、保温しているコーヒーは急速に劣化してしまいます。 

「淹れたて」と「造り置き」の違いが、『美味しさ』の違いとなって現れているのだと思います。

それに加えて、使っている焙煎したコーヒー豆の品質や鮮度も、コンビニコーヒーの方が勝れているのだと思います。

 

コーヒーを淹れるのを専門とするバリスタが居れば、ホテルやレストランでも、手作業で淹れたてコーヒーを提供できるのだと思うのですが、それでは儲けが出なくなってしまうのだと思います。

だとすると、コンビニコーヒーと同じタイプのコーヒーマシーンを導入して、淹れたてコーヒーを提供するのが賢明な方法なのかもしれません。

 

コンビニコーヒーで使っているのと同タイプのコーヒーマシーンとなると、相当に高価です。

数万円~10数万円くらいのエスプレッソマシーンを導入するという方法もありますが、ドリップ式のコンビニコーヒーとは少し趣の異なったコーヒーが出来上がるかもしれません。

デロンギ 全自動コーヒーマシン ESAM1000SJ

デロンギ 全自動コーヒーマシン ESAM1000SJ

 

 

どちらのタイプのコーヒーマシーンも、相当量のコーヒー消費量が見込めれば、業務卸専門のロースター(焙煎会社)が、無料レンタル、あるいは有料レンタル(低料金で)してくれることもありますが、相当量のコーヒー消費量が見込めなければ、それもままなりません。

 

でも、そのタイプの高価なマシーンを使わなくても、コンビニコーヒーよりも、もっともっと美味しいコーヒーをお客さんに提供する方法があります。

家庭用コーヒーメーカーを使ってコーヒーを淹れるという方法です。

Kalita コーヒーメーカー ブラック ET-102

Kalita コーヒーメーカー ブラック ET-102

 
Kalita 浄水機能付コーヒーメーカー ブラック EX-102N

Kalita 浄水機能付コーヒーメーカー ブラック EX-102N

 

 

コーヒーブルーム(コーヒー粉の膨らみ現象)が発生する焙煎コーヒー豆を使って、家庭用コーヒーメーカーで淹れた新鮮なコーヒーは、高価なコーヒーマシーンで淹れるコーヒーよりも美味しくなるはずです。

美味しいコーヒーを提供するための基本テクニックは、必要な杯数分+1杯分のコーヒーを淹れることだとエカワ珈琲店は考えています。

 

ホットコーヒーなら、数千円~1万円くらいの家庭用コーヒーメーカー(2~4杯用くらい)を使ってコーヒーを淹れれば、美味しいコーヒーをお客さんに提供することができます。

1杯の注文でも、最低2杯分のコーヒーを淹れる必要がありますが、10円・20円のコストの違いですから、原価率の誤差の範囲内なのだと思います。

 

ちなみに、1日に100杯くらいコーヒーを販売する店でも、家庭用コーヒーメーカー2台で対応することが可能だと思います。(店の客席数によっては、3台必要になることもあるかもしれません)

1日に20杯から30杯くらいのコーヒー販売杯数なら、店の客席数が多くなければ1台で対応可能だと思います。

 

焙煎してからそれほど日にちの経過していない鮮度の良い焙煎コーヒー豆を使って、家庭用コーヒーメーカーでコーヒーを淹れれば、「美味しいコーヒー」を淹れられると思うのですが、少しだけ問題が生じます。

 

焙煎直後の鮮度の良い焙煎コーヒー豆を販売している小規模ロースターやコーヒー豆自家焙煎店は、焙煎コーヒー豆を粉砕するコーヒーミルを無料で貸与することができません。

しかし、焙煎コーヒー豆の鮮度を維持するには、豆の姿のまま密封ビンや密封缶で保存しておいて、使用する直前に焙煎コーヒー豆を粉砕するのがベストです。

 

1杯何百円かのお代を頂戴するわけですから、ベストなコーヒーをお客さんに提供する必要があるのだと思います。

ということで、「美味しいコーヒー」を提供するには、自腹でコーヒーミルを購入する必要があります。

 

業務用のコーヒーミルは、3万数千円~数万円と高価です。

でも、コーヒー販売杯数にもよりますが、1日に100杯くらいの販売杯数なら、アマゾンなどで数千円~1万円くらいで売られている臼歯式のコーヒーミルで十分に対応できると思います。 

Kalita セラミックミル C-90 (ブラック)

Kalita セラミックミル C-90 (ブラック)