読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

珈琲社会学

独断と偏見による、珈琲と食に関するエカワ珈琲店流の考察

アメリカの「独立系レストランBest100」

レストラン

飲食系ニュースサイト「RESTAURANT BUSINESS」のコンテンツ、「独立系レストランBest100」を眺めながら、アメリカのレストランを空想の世界で食べ歩く空想旅行を楽しんだりしているエカワ珈琲店の今日この頃です。

 

アメリカのレストランでも、日本と同じで、ディナーの時に飲む飲料はお酒です。

お酒の苦手なエカワ珈琲店の店主夫婦には、なかなか利用し辛い雰囲気なのですが、お酒をたしなめたなら、「独立系レストランBest100」で紹介されているレストランは、最高レベルのエンターテインメントを提供してくれる素晴らしいレストランばかりなのだと思います。

www.restaurantbusinessonline.com

 

「独立系レストランBest100」で紹介されているレストラン100店舗は、どの店も素晴らしくエンターテイメントな店なのですが、その中で、エカワ珈琲店の店主が親近感を覚えたのは、71位のThe Coffee Shopと88位の Makotoです。

 

ニューヨークに立地するThe Coffee Shop は、食事とコーヒーが良く似合う喫茶店型のレストランで、朝食、昼食、夕食を提供しています。

88位のMakoto は、大桑誠さんがオーナーシェフをしている寿司レストランです。

f:id:ekawa:20110330105928j:plain

(↑↑の写真は、↓↓から引用しています。)

masalaeatsmiami.com

 

食事と一緒に提供される『飲料』は、独立系のレストランの貴重な収益源なのだと思います。

でも、ディナーの食事と一緒に提供される『飲料』がワインやビールだとすると、お酒の苦手なエカワ珈琲店の店主夫婦などは、大変利用し難い雰囲気を感じるので二の足を踏んでしまいます。

 

ミルクや砂糖を添加するホワイトコーヒーはディナー系の食事と相性が悪いかもしれませんが、コーヒーの香味だけを味合うブラックコーヒーは、ディナー系の食事と相性が良いはずです。

現在(2016年)、アメリカで流行し始めているビールタイプのアイスコーヒー(ニトロコーヒー)が、ディナーの食事と一緒に提供される『飲料』の中にブラックコーヒーを追加するエンジンとなる可能性が高いと、エカワ珈琲店は期待しています。