喫茶店のルーツ

喫茶店のルーツをさかのぼると、17世紀~18世紀のイギリスで、文化人の社交場として繁盛していたコーヒーハウスに行き着きます。

当時のイギリスのコーヒーハウスは、イギリスの進歩的な人たちのニュース・情報の発信基地だったわけで、お酒ではなくて、コーヒーを飲みながら真面目な雰囲気の中で議論を展開していたみたいです。

 

 

昭和の時代の喫茶店ですが、イギリスのコーヒーハウス的な雰囲気があって、ハイカラな人たちの集っている喫茶店も存在していたのですが、時代劇でおなじみの「茶屋」のような存在の喫茶店が大半だったわけです。

 

江戸時代の末期ともなると、街中の休憩所たる「茶屋」はいたるところに存在していました。

料理茶屋、相撲茶屋、芝居茶屋、美人茶屋、それに珍しい植物や鳥を見世物にする茶屋も存在していたと記録されています。

 

17世紀~18世紀に繁栄を極めたイギリスのコーヒーハウスですが、その後、店舗数が増えすぎたことと、店のモラルも客のモラルも、どちらも低下してしまった結果、いつの間にか姿を消してしまいました。

 

江戸の時代、いたるところに存在していた「茶屋」ですが、こちらも、いつの間にか姿を消してしまいましたが、それに代って喫茶店が、街のあちらこちらに存在するようになりました。

その喫茶店も、昭和57年の店舗数を頂点にして、その後は減り続けています。

 

喫茶店需要が減少したのではなくて、低価格志向の喫茶店チェーン、外資系の喫茶店チェーン、ファミリーレストラン、ファーストフードの店と、その需要が拡散しているだけです。

需要は拡散しているのですが、その状況は、個人経営の喫茶店から、企業経営のチェーン型飲食店に需要が移動しているわけです。

 

ということで、純喫茶と呼ばれているフルサービスで個人経営の喫茶店は苦戦を続けていて、店舗数を減らし続けています。

平成16年の調査では、8万3676店にまで減少しているのですが、この店舗数は昭和49年の喫茶店数とほぼ同数です。