伝統的な喫茶店商売から新しい喫茶店商売へ

個人経営でフルサービスの喫茶店、その弱点は客単価が低すぎることだと考えています。

極端な話、雰囲気の良い快適な環境下で、400円~500円のコーヒー1杯で、1時間でも2時間でもくつろげる場所、それがフルサービスの喫茶店です。

 

 

で、喫茶店を営む方はというと、朝から晩まで休み無く働いて、手にする報酬はそれほど多くありません。貧乏暇なしの状態です。

人件費や家賃を支払っているのなら、下手をすれば赤字になることもあります。

 

利権商売でも無い限り、楽して儲かる商売などまず有り得ないのですが、同じ労働量・労働時間なら報酬が高いに限ります。

ということで、個人経営の喫茶店は減り続けているのだと思います。

 

おそらく、伝統的な喫茶店のビジネスモデルは、儲からないビジネスモデルになってしまっているのだと思います。

でも、アメリカでは、個人経営の喫茶店・飲食店は結構儲かっているみたいですから、日本でも、少しだけビジネスモデルを変更すれば、儲かるビジネスに変身する可能性があるのだと思います。

 

限られたスペースを最大限に利用するということで、主力商品のあり方、店の周辺にいる人々の生活を、もう一度じっくりと調査研究して、喫茶店商売を再構築する必要があるのかもしれません。

 

何はともあれ、商売人は儲けることが一番の使命なのですから。

ということで、喫茶店商売ではありませんが、自家焙煎コーヒー豆小売店のエカワ珈琲店も、もっともっと儲かる自家焙煎コーヒー豆小売店に変身しようと、自家焙煎コーヒー豆小売商売の再構築を考えている今日この頃です。