アメリカのフレーバーコーヒー豆市場、日本のフレーバーコーヒー豆市場

アメリカの家庭用コーヒー豆市場ですが、全販売量の30%がフレーバーコーヒー豆とのことです。(2010年の統計で)

で、当然の事、大中小零細のロースターさん(焙煎屋さん)が、フレーバーコーヒー豆を製造しています。

 

 

2000年代のアメリカでは、毎年3~5%ずつ、フレーバーコーヒー豆の売上が増加していて、2009年は、7%も売上がUPしているという調査報告も存在しています。

 

2010年頃からの傾向ですが、特定の農場のコーヒー豆に、合成した香料ではなくて、有機系・自然系の香料を使用したフレーバーコーヒー豆が売れているとのことです。

ちょっと値段が高くなるわけですが、アメリカでは、フレーバーコーヒー豆についても、スペシャリティーコーヒーの時代に突入しているのかもしれません。

 

アメリカのフレーバーコーヒー豆といえば、ダークローストの超深煎りコーヒー豆を想像するのですが、最近(2010年)は、そのような異常に深く焙煎したコーヒー豆ではなくて、中煎りの深目~深煎りの浅目くらいのコーヒー豆に人気が集まりつつあるみたいです。

 

日本の家庭用コーヒー豆市場ですが、フレーバーコーヒー豆は、ほとんど流通していません。

フレーバーコーヒー豆を製造しているロースター(焙煎屋)も、ごく一部に限られています。

 

だけど、アメリカでのフレーバーコーヒー豆の需要増加を観察していると、将来、日本でも、ある程度のフレーバーコーヒー豆需要が発生する可能性もあります。

日本のコーヒー豆焙煎業界も、もっともっと、フレーバーコーヒー豆に注目する必要があるのかもしれません。

 

ちなみに、エカワ珈琲店ですが、フレーバーコーヒー豆の製造販売はしていませんが、フレーバーコーヒー豆の製造方法マニュアルは作成しています。

そして、そのマニュアルをnote のシステムを利用して有料(150円)で販売しています。

note.mu