読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

珈琲社会学

独断と偏見による、珈琲と食に関するエカワ珈琲店流の考察

料理の写真を撮りにレストランに行く文化

レストラン

エカワ珈琲店は、ソーシャルメディアを全く理解できていなくて、管理しているブログのコメント欄もすべて閉鎖しています。

しかし、ソーシャルメディアは、消費者の日常生活に欠くことのできない存在になって来ているようです。

 

f:id:ekawa:20160919115249j:plain

 (food business news/Social media swaying restaurant-goersより引用)

www.foodbusinessnews.net

 

ニューヨークのレストラン評価会社ザガットサーベイ(google系列)は、ソーシャルメディアが消費者の外食消費行動に大きな影響を与えているとする最近の調査結果を報告しています。

 

アメリカ人の60%が、外食先探しでソーシャルメディアの料理写真を参考にしていて、その人たちの75%は、料理写真に基づいて店を選択しているとする調査結果を発表しています。

 

外食に行けば、3人に1人くらいの人が注文した料理の写真を撮影していて、5人に1人の人が、料理の写真を撮るために特定のレストランを選択しているそうです。

ということは、お客さんが店内の写真や料理の写真を撮影してソーシャルメディアに投稿して楽しめる環境を提供することも、店側の接客サービスの必須項目になって行くのかもしれません。

 

関係がありそうな記事

食品スーパーのレストラン化進行中

アメリカの独立系レストランは、コーヒーや紅茶でも手抜きしていません

独立系飲食店(レストラン)の最強の武器