特集 自家焙煎店 喫茶店・カフェ 珈琲業界 How to What is 珈琲グッズ 珈琲を売る コラム

 

アメリカのお一人様外食事情

アメリカの人たちが1人で食事をするときに利用する飲食店舗はというと、老いも若きも真ん中の世代も、全世代平均で50数%の人たちが、個人経営の飲食店舗を利用しているというデータ(2007年)があるみたいです。

 

 

30%の若い人たちは大手外食チェーンを利用するのですが、50%の若い人たちは個人経営の外食店舗を、残りの20%の若い人たちは中小の外食店舗を利用しています。

中高年齢層はというと、58%の人たちが個人経営の飲食店舗を利用していて、大手外食チェーンの店舗を利用するのが25%、中小の外食チェーン店舗を利用しているのが17%となっています。

 

全利用者の平均では、個人飲食店を利用する人たちが54%で、大手外食チェーンを利用する人たちが25%、中小の外食チェーン店舗を利用する人たちが17%となっています。

アメリカの外食市場も日本の外食市場も、どちらも成熟化した市場ですから、日本でも、1人で外食するなら個人経営の外食店舗という需要が存在しているのだと思います。

 

アメリカの外食事情をインターネットで観察していると、日本での個人経営の外食店の未来は明るいのだと感じられる今日この頃です。

自家焙煎コーヒー豆小売店のエカワ珈琲店もそうなのですが、日本の個人経営の外食店が不振なのは、もしかしたら勉強不足が原因しているのかもしれません。

 

関係がありそうな記事

食品スーパーのレストラン化進行中

アメリカの独立系レストランは、コーヒーや紅茶でも手抜きしていません

独立系飲食店(レストラン)の最強の武器