特集 自家焙煎店 喫茶店・カフェ 珈琲業界 How to What is 珈琲グッズ 珈琲を売る コラム

 

コーヒー豆焙煎卸事業者の役割

業務用コーヒー豆の卸売り業界ですが、全国展開している大手業務用コーヒー豆会社と地域に拠点を持つ中小の業務用コーヒー豆会社との格差が急速に拡大しているみたいです。

生き残りをかけた業務用コーヒー豆会社間の競争が行われていて、中小の業務用コーヒー豆会社は守りの体制に入ってしまっているのだと思います。

 

(記事とは関係の無い和歌山城の写真です。)

 

21世紀に入ってからの10数年間、既存のコーヒー市場で零細な商売人の惨めさを体験して来たエカワ珈琲店の目には、中小の業務用コーヒー豆会社は、高価格マシーンの貸し出し競争などを得意とする大手業務用コーヒー豆会社の術中にはまり込んでいるように写っています。

現在(2016年)のエカワ珈琲店ですが、既存のコーヒー市場に隣接する市場でビジネスを展開することで、何とか生き残ることが出来ているだけでなくて、少しだけ余裕のあるビジネスが展開できています。

 

地域を拠点とする中小の業務用コーヒー豆会社ですが、自社の経営だけを考えるのに精一杯で、得意先飲食店・喫茶店をサポートすることの重要性を忘れてしまっているのかもしれません。

エカワ珈琲店は零細生業の自家焙煎コーヒー豆小売店ですが、近年、飲食店・カフェからの問い合わせが多くなって来ています。

そのことからも、得意先飲食店へのサポート体制がおろそかになっているのを感じ取ることができます。

 

地域を基盤とする中小の業務用コーヒー豆会社が、得意先飲食店へのサポート体制を構築せずに、ただ、焙煎したコーヒー豆を飲食店に売るだけの商売を営むのなら、零細生業の自家焙煎コーヒー豆小売店と競争しても勝てる見込みが無いと考えます。

 

喫茶・カフェ業界ですが、スターバックス、ドトールコーヒー、こめだ珈琲店、モスバーガーなどのチェーン店優勢の状況が勢いを増していて、零細な個人経営の喫茶店など独立系の喫茶店・カフェの劣勢が明らかになっています。

競争の激化や後継者の不在など、いろいろな原因があるのは確かですが、焙煎したコーヒー豆を供給するコーヒー豆会社のサポート不足も原因しているのだと思います。

 

基本的に、喫茶・飲食店業態は地域密着型の商売で、地域で生活を営んでいる人たちに奉仕する商売です。

大手の業務用コーヒー豆会社が地域密着型の喫茶・飲食店をサポートすることなど、まず不可能ですから、その役目は、地域に拠点を持つ中小の業務用コーヒー豆会社が担う必要があるのだと思います。

 

経済のサービス化、社会の情報化が急速に進んでいるわけで、自社の力でその環境に対応できる大手チェーン店に、独立系の喫茶店・カフェが対抗する術など持ち合わせていません。

独立系の喫茶店・カフェが独自の力で対抗できない部分を補うことができるのは、地域に拠点を持つ中小の業務用コーヒー豆会社だと思うのですが、どうも、喫茶・カフェ・飲食店をサポートするという能力が不足しているみたいです。

 

2000年代の後半、アメリカで発生したサードウェーブコーヒー現象をけん引している代表的なコーヒー会社「カウンターカルチャー」は、独立系の喫茶店・レストランに対する営業サポート体制を充実させることで業績を拡大して来たコーヒー会社だと伝えられています。

カウンターカルチャーよりも相当に規模の小さなニューヨークのコーヒー豆自家焙煎店でも、それなりのサポート体制を構築しているようです。

 

零細生業パパママ店のコーヒー豆自家焙煎店『エカワ珈琲店』ですが、密かに喫茶・飲食・レストランをターゲットとする業務コーヒー豆市場でのビジネスを模索していたのですが、連れ合いの体調不良というアクシデントに遭遇してしまって、その余裕が無くなってまいました。

ということで、エカワ珈琲店が考えていた、あるいは、これまでに調べて貯えてきた業務コーヒー豆市場に関する情報を、うっぷん晴らしのつもりで、時々、ブログ記事にて公開して行こうかと考えています。