特集 自家焙煎店 喫茶店・カフェ 珈琲業界 How to What is 珈琲グッズ 珈琲を売る コラム

 

Starbucks Reserve Roastery(スターバックスリザーブロースタリー)

スターバックスコーヒーがシアトルに開設(2014年オープン)した、珈琲のテーマパーク「Starbucks Reserve Roastery(スターバックスリザーブロースタリー)」が好評で、現在(2016年)、ニューヨークと上海で、新たに「Starbucks Reserve Roastery(スターバックスリザーブロースタリー)」を建設中だと伝えられています。

 

f:id:ekawa:20160730171924j:plain

(スターバックスのサイトより引用)

 

そして、Starbucks Reserve Roastery(スターバックスリザーブロースタリー)」の小型版を、今後、500店舗以上展開するつもりだと、スターバックスの最高経営責任者シュルツさんが、従業員への手紙の中で語っていると伝えられています。

(Reataurant News)

 

昨年(2015年)、東京の清澄白河に進出して来たブルーボトルコーヒーは、店舗に焙煎機を設置していて、焙煎後1週間以内の焙煎コーヒー豆を使ってコーヒーを淹れていると伝えられています。

今後、「煎りたて、新鮮、香りの良い」焙煎コーヒー豆を使用するスターバックスコーヒーの店舗が増えて行くだと思います。

 

「付加価値の高いコーヒー」=「煎りたて、新鮮、香りの良い」焙煎コーヒー豆を取り扱うこと、という時代がもうすぐ到来するのかもしれません。

ということで、エカワ珈琲店は、コーヒー豆自家焙煎店の最大の武器である「煎りたて、新鮮、香りの良い焙煎コーヒー豆」を強調するビジネスを展開して行くつもりです。