読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

珈琲社会学

独断と偏見による、珈琲と食に関するエカワ珈琲店流の考察

コーヒー豆焙煎屋に今必要なのは、ブランドの構築(or再構築)なのだと思います

1980年代の中頃を頂点として、喫茶店ビジネスの衰退がはじまりました。

喫茶店ビジネスの成長と同期して成長を続けていた業務卸専門のコーヒー豆焙煎事業者は、1990年代に入ると、喫茶店向け業務卸の減少分をカバーするために、それまで営業の対象外だった小規模なビジネスホテルやカラオケ喫茶・オフィスなどにも営業攻勢をかけてきました。

(記事と写真は、全く関係ありません)

 

 

1990年代のエカワ珈琲店は、オフィスへの焙煎コーヒー豆の配達が中心で、それにプラスして、小規模なビジネスホテルや旅館、カラオケ喫茶にも焙煎コーヒー豆を配達していました。

喫茶店やレストラン・食堂などには相手にしてもらえ無いということで、喫茶店向け業務卸を得意とするコーヒー豆焙煎事業者が関心を持っていない領域で焙煎コーヒー豆を商っていたわけです。

 

中規模のコーヒー豆焙煎企業には、「営業の神様」的な人がいます。

その「営業の神様」の手にかかると、エカワ珈琲店の得意先など簡単に奪われてしまいますから、中規模コーヒー豆焙煎企業の社長さんが、業界新聞のインタビューで、「コーヒー豆自家焙煎店には営業力が無い」と語っていたのも当たり前だったわけです。

ということで、2000年代の半ばには、エカワ珈琲店の得意先の大半は、「営業の神様」や人海戦術とサービスを駆使するオフィスコーヒー専門企業に奪われてしまいました。

 

最近の中規模コーヒー豆焙煎企業ですが、大手・中堅コーヒー企業の攻勢に対抗することができず、あるいは、コーヒー豆自家焙煎店のブランドに対抗することができず、業績が下降線を描き始めている可能性があるとエカワ珈琲店は推察しています。

 

中規模コーヒー豆焙煎企業の「営業の神様」的な人が突然退職して、以前のお客さんがエカワ珈琲店に戻って来るという状況に遭遇したりすると、そのように考えてしまうわけです。

日本のコーヒー業界ですが、喫茶・飲食向け業務卸やオフィスコーヒーサービスを含めて、属人営業や人海戦術を駆使する営業が通用しなくなっているのだと思います。

ビジネスの中心が、従来型の営業からブランドを駆使する営業に移行しつつあるのだと考えています。