読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

珈琲社会学

独断と偏見による、珈琲と食に関するエカワ珈琲店流の考察

スターバックスコーヒーが、アメリカ都市部の店舗で、窒素入り水出しアイスコーヒーを本格展開

コーヒー業界

スターバックスコーヒーは、シアトル、ニューヨーク、シカゴ、ポートランドなどの都市部の店で、水出しコーヒー「Nitro Cold Brew」の販売を開始すると発表しています。

夏の終わりころまでには、北米スターバックスコーヒーの約500店舗で水出しコーヒー「Nitro Cold Brew」を販売できるようになるとのことです。

f:id:ekawa:20160602164117j:plain

(スターバックスニュースルームより引用しています。)

 

 

アメリカでは、過去10年間でアイスコーヒーの消費量が、約80%も増加していて、特に水出しコーヒーは、2010年から2015年の5年間で消費量が3.5倍と驚異的に伸びていると報道されています

 

昨年(2015年)、スタンプタウンコーヒーが、窒素入り水出しコーヒーの缶コーヒーを販売して好評を博しています。

スターバックスコーヒーの窒素アイス水出しコーヒー「Nitro Cold Brew」は、生ビールのようにアイスコーヒーをカップに注ぐようです。

 

スターバックスコーヒーのニュースルームでは、一般的なアイスコーヒーと比べて、濃厚ですが滑らかなアイスコーヒーが出来上がると説明しています。

 

窒素アイスコーヒーに関係がありそうな記事

窒素アイスコーヒー=カップに注ぐとビールのように泡立つアイスコーヒー

窒素入りアイスコーヒー(Nitro Coffee)の作り方