特集 自家焙煎店 喫茶店・カフェ 珈琲業界 How to What is 珈琲グッズ 珈琲を売る コラム

 

アメリカのレストランは、配達ビジネスという新しい市場を開拓中

お客さんの自宅やオフィス、それに宿泊中のホテルの部屋などに、レストラン料理を配達するビジネスがアメリカの都会で急成長しているようです。

 

Reatarant News によると、ニューヨークに本部を構えているフード専門のコンサルティング会社「バウム+ホワイトマン」が、モバイルテクノロジーの進歩に伴って、レストラン同志はもちろんのこと、スーパーマーケットとも相互に影響を与えあいながら、配達業務(デリバリービジネス)が増殖を続けていると報告していると伝えています。

そして、レストランは新しい収益源として、料理の配達ビジネスに注目が集まり始めているようです。

 

 

チポトレやタコベルは、レストラン料理配達ビジネスをアメリカの都会で開始しているようです。

レストランが配達ビジネスに利用しているのが、PostmatesやDoorDashなどの配達サービス代行会社です。

 

techable.jp

forbesjapan.com

 

レストラン料理のデリバリー(配達)という新しいアプローチが、アメリカのフードサービス業界に新しい風を吹かせているのかもしれません。

アメリカの都会で流行し始めているレストラン料理の配達サービスで好まれている料理は、健康と栄養のバランスを考えた料理だということですから、比較的に所得が高い人たちに利用されているのだとエカワ珈琲店は考えています。