読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

珈琲社会学

独断と偏見による、珈琲と食に関するエカワ珈琲店流の考察

日本の家庭用コーヒー市場は、外資系が強い市場なのかもしれません

コーヒー業界

2010年の春、スターバックスコーヒーがAGFと組んで日本の家庭用コーヒー市場に進出してきました。

 

そして、世界最大のコーヒー企業の日本法人ネスレ日本が、「次世代コーヒー」と銘打って、新製法のインスタントコーヒー(ソリュブルコーヒー)を日本の家庭用コーヒー市場に投入してきました。

スターバックスコーヒーは、日本で最も知られているコーヒーブランドで、ネスレ日本は日本のインスタントコーヒー市場のトップランナーです。

 

 

2つの外資系コーヒー企業が、日本の家庭用コーヒー市場に大攻勢を仕掛けてくるかもしれないということで、エカワ珈琲店の出来事(エカワ珈琲店のブログの前身)に『スターバックスコーヒーが、ネスレの次世代コーヒーが』と題する記事を2010年6月19日に投稿しています。

その記事を再掲載します。

 

f:id:ekawa:20020522084628j:plain

(シアトルのスターバックス1号店、wikipediaより引用)

スターバックスコーヒーが、ネスレの次世代コーヒーが(2010年6月19日)

アメリカのスターバックスがAGFと組んで、日本の家庭用コーヒー市場に進出してきます。

スターバックスはアメリカの企業ですが、日本で一番名前の知られているコーヒーブランドです。

 

ヨーロッパ系企業のネスレ日本が「次世代コーヒー」と銘打って、新製法のインスタントコーヒー(ソリュブルコーヒー)を新発売します。

「新ネスカフェ香味焙煎」という商品名で、家庭用コーヒー市場に新しい風を吹き込むことを狙っているみたいです。

 

考えてみれば、日本のコーヒー市場の構造ですが、業務用コーヒー市場では日本の焙煎企業の天下が続いていて、家庭用コーヒー市場・個人向けコーヒー市場については、勝ち組のほとんどが外資系企業となっています。

 

日本系企業と外資系企業とでは、マーケティング力に相当な力の差があるのかもしれません。

日本系企業のマーケティング力では、家庭用コーヒー市場・個人向けコーヒー市場で外資系企業に太刀打ちできないのかもしれません。

 

オフィスコーヒーサービスを含めて、業務用コーヒー市場では、強力な人的営業力と販売量を背景とするサービス力を駆使した大手・中堅コーヒー企業の寡占化が進行しています。

 

もしかしたら、家庭用コーヒー市場・個人向けコーヒー市場では活性化が始まっていて、業務用コーヒー市場はまだ活性化が始まっていないのかもしれません。

もう少し家庭用コーヒー市場・個人向けコーヒー市場が活性化して、業務用コーヒー市場の活性化も始まれば、日本のコーヒー業界地図が塗り変ってしまう可能性もあります。

ということで、日本のコーヒー業界ですが、もうすぐ下克上の時代に突入すると予測している今日この頃です。

 

【2016年2月20日/追記】

5年半が経過して、ネスレ日本は、オフィスコーヒー需要や飲食店需要の市場にも大攻勢を仕掛けて来ています。

もちろん、家庭向け市場にも相当に力を注いているようです。

 

【アフリエイト広告です】

 

スターバックスコーヒーは、オフィスコーヒー需要には対応していますが、喫茶店需要は直営店オンリーを貫いています。

一年前(2015年)の二月、ブルーボトルコーヒーが日本に進出して来ていて、日本のコーヒー業界も、それほどスピードが速く無いのですが、様変わりしつつあるようです。

 

生業商売を営んでいて、営業時間や営業範囲を縮小しようとしているエカワ珈琲店には、ほとんど関係の無い話なのですが、もともと好奇心旺盛なので、この手の話には野次馬的な興味を持ってしまいます。