JABホールディング、グリーンマウンテンを買して世界シェア20%に

2015年12月8日、日本経済新聞社のWEBニュースが、世界第2位のコーヒー企業ヤコブ・ダウ・エグバーツ(オランダ)を傘下に持つ投資ファンドのJABホールディング(ルクセンブルク)が、12月7日、同3位の米キューリグ・グリーン・マウンテンを買収したというニュースを報じています。

 

 

キューリング・グリーン・マウンテン社の大株主、コカコーラ社も買収を歓迎しているとのことです。

この買収によって、JABホールディング系コーヒー企業の世界シェアが20%となったということで、22%の世界シェアを誇るトップ企業のネスレ(スイス)の差が縮まったと報じられています。

 

  

キューリング・グリーン・マウンテン社の買収が、高級ブランドからマスマーケットをターゲットとするコーヒー企業までを所有するコーヒー事業を前進させてくれると、JABホールディングのチェアマンは語っています。

キューリング・グリーン・マウンテン社がJABホールディングのコーヒーグループに入ることで、キューリング製シングルサーブマシーンに新しい未来が開けるのかもしれません。

 

ヒーツコーヒー、カリブーコーヒー、スタンプタウンコーヒー、インテリジェンシアコーヒーと、立て続けに話題を提供してくれているJABホールディングは、ドイツの億万長者ライマン一族が株式の95%を所有している投資会社です。

 

JABホールディングの主な投資先は高級ブランドだということですから、もし、エカワ珈琲店がブランド力のある有名なコーヒー屋だったなら、高値で購入してもらえるかもしれないわけですが、現実は・・・・・。