特集 自家焙煎店 喫茶店・カフェ 珈琲業界 How to What is 珈琲グッズ 珈琲を売る コラム

 

アメリカで話題、小川珈琲がボストンに出店した喫茶店

5月22日、ボストンのミルクストリートに小川珈琲が喫茶店を出店しました。

それが、アメリカのコーヒー好きの人たちの間で話題になっているようです。

カルフォルニアのブルーボトルコーヒー、ニューヨークのゴリラコーヒーと、アメリカの珈琲屋さんの日本進出が話題になっていますが、日本のコーヒー文化に対するアメリカの人たちの評価は相当に高いようです。

 

f:id:ekawa:20150617132339j:plain

 

その日本の珈琲屋さんが、アメリカで初めて喫茶店を出店するとあって、アメリカの人たちの注目を集めているようです。

小川珈琲は、昭和27年(1952年)創業の京都のコーヒー企業ということでも、アメリカの人たちの注目を集めているのかもしれません。

 

f:id:ekawa:20150617132207j:plain

 

また、小川珈琲がボストンに出店した喫茶店の、日本的なメニューにも注目が集まっていて、特に、モーニングサービスに興味を持つ人が多いようです。

 

【注】このブログ記事に掲載している2枚の写真は、Ogawa Coffee USAから引用しています。

 

dailycoffeenews.com

デイリーコーヒーニュースの記事からは、小川珈琲がボストンに出店した喫茶店に対する高い注目度を感じることができます。

日本の中堅ロースターである小川珈琲のボストン進出に関するデイリーコーヒーニュースの記事やフェイスブックのOgawa Coffee USAを観察していると、日本のコーヒー業界で大きな地殻変動が発生しつつあるような予感がします。

 

日本のコーヒー業界に大きな地殻変動が発生して、エカワ珈琲店周辺から、大手コーヒー企業の影響力が消滅してくれたならば、もう一度、昔ながらの地域密着型コーヒー豆自家焙煎店の商売を復活させることができるかもしれません。

そうなれば、零細生業でロートルなコーヒー豆自家焙煎店の商売も、相当に楽になると思っています。

 

考えて見れば、日本の中規模・中堅のコーヒー企業が生き残るには、積極的なブランディングやマーケティングは欠かせないのだと思います。

そして、中規模・中堅のコーヒー企業の活躍無くして、日本のコーヒー業界に地殻変動が発生するはずがありません。

ということで、小川珈琲のボストンでの喫茶店経営が成功するのを、密かに期待しています。

 

日本のコーヒー業界に関係する記事

日本のコーヒー市場では

20世紀のコーヒー業界

「コーヒー第3の波」市場は、日本にも存在しているのだと思います