読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

珈琲社会学

独断と偏見による、珈琲と食に関するエカワ珈琲店流の考察

ダイキンドーナツはコーヒーを値下げして、スターバックスはコーヒーを値上げします

海外事情 ニュース

JMスマッカー、フォルジャーズ、ダイキンドーナツなどの相当数のコーヒー関連ブランドが、コーヒー製品やカップコーヒーの価格を引き下げています。

ダイキンドーナツなどは、朝食市場でマクドナルドと熾烈な競争をしているわけですから、コーヒー生豆の市場価格が下落している状況下では、カップコーヒーの値下げに踏み切る必要があるのだと思います。

 

というように、コモディティータイプのコーヒーについては、価格が引き下げられています。

しかし、スペシャリティータイプのコーヒーを取り扱っているスターバックスは、コーヒーの価格を引き上げるそうです。

 

   

 

 

神戸ドーナツ(プレーン) 50g x 5ヶ

神戸ドーナツ(プレーン) 50g x 5ヶ

 

 

スターバックスの値上げは、ブランドを高級化するための試みではなくて、スペシャリティーコーヒーの買取価格の上昇と賃金の上昇が、その理由なのだそうです。

スペシャリティーコーヒーは、一種の贅沢商品なのだと思います。

そして、その贅沢商品の世界では、スペシャリティーコーヒーに限らずインフレ傾向にあるのかもしれません。

 

 

www.ekawacoffee.jp