コーヒの需要が増加しているのに、ニューヨークのコーヒー生豆相場が低迷している理由

21世紀に入ってからのニューヨーク・コーヒー生豆相場ですが、投機的な乱高下を繰り返しているのだと思います。

一昨年の秋(2013年)、生産価格を下回っていた相場価格が、去年の秋(2014年)には、何年ぶりかの高値になって、今年(2015年)に入ってからは再び下げ相場が続いています。

 

f:id:ekawa:20150417103155j:plain

International Coffee Organization - What's Newの下記ページから引用。

http://dev.ico.org/documents/cy2014-15/cmr-0315-e.pdf

 

 

今年(2015年)に入ってから、ニューヨークのコーヒー生豆相場は下落傾向にあるのですが、世界的なコーヒーブームを背景として、コーヒーの需要は増加傾向にあります。

コーヒーの需要が増加傾向にあるのに、ニューヨークのコーヒー生豆市場が下落傾向にある原因として、2つの要因が影響していると伝えられています。

 

1つは、ニューヨークのコーヒー生豆市場を経由しないスペシャリティーコーヒー豆の需要が増加していること。

もう一つは、1杯立てコーヒーメーカーを利用するワンカップコーヒーが、北米の一般家庭に普及していて、その影響で北米市場でのコーヒー生豆需要が低迷しているとする見解です。

www.bloomberg.co.jp

 

コーヒーメーカーを使って一度に何杯も淹れるとロスがでるけれども、1杯ずつ淹れるワンカップコーヒーの場合、全くロスがでないので効率的だと言われています。

その効率の良さが、ニューヨークのコーヒー生豆市場に打撃を与えていると考えられているのだと思います。

 

ニューヨークのコーヒー生豆市場ですが、これからも、色々な事柄が影響して、投機的な乱高下を繰り返していくのかもしれません。

コーヒー生豆の生産者も消費者も、コーヒー生豆価格が不安定であるよりも、安定している方がありがたいわけですから、今後、コーヒー生豆市場の介在していないコーヒー生豆に依存する割合が高くなって行くのかもしれません。

 

有料記事、好評販売中!!

エカワ珈琲店は、これまでの経験(スキル)・知識・技術を記事にして、有料記事(デジタル)のカタチでnote を通じて販売しています。 

コーヒー抽出液保存中の酸度上昇

note.mu

エカワ珈琲店流、フレーバーコーヒー豆製造方法

note.mu