読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

珈琲社会学

独断と偏見による、珈琲と食に関するエカワ珈琲店流の考察

5月末のコーヒー生豆相場は17ヶ月前の水準に戻っています。

ニュース コーヒー業界

今年度のブラジルのコーヒー豆生産量は、前年度よりも減少が予測されています。

インドネシアやペルーのコーヒー豆生産量も、減少が予測されています。

しかし、International Coffee Organization のWeb Site は、コーヒー豆市場の平均価格が17ヶ月前の水準にまで下降していると伝えています。

 

   

去年の今頃は、コーヒー豆相場の高騰が話題になっていて、秋口には、コーヒー製品の値上げが話題になっていました。

今年は、ブラジル、インドネシア、ペルーでの生産量減少が伝えられているのに、コーヒー豆相場が高騰する前の、常識的な価格に戻っています。

 

今年のコーヒー豆市場には、投機資金が流入していないのかもしれません。

それと、世界的な規模で発生しているスペシャリティーコーヒーブームやフェアトレードコーヒーブームが原因しているのかもしれません。

 

www.ekawacoffee.jp