読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

珈琲社会学

独断と偏見による、珈琲と食に関するエカワ珈琲店流の考察

成長を続けるビーガン(Vegan)料理のNative Eoods Cafe (ネイティブフードカフェ)

レストラン

動物の肉や魚介類、それに卵や乳製品を食べない人たちを、ビーガン(Vegan)と表現しているのだそうです。

そのビーガン(Vegan)の人たちをターゲットとするビーガン(Vegan)料理が、アメリカで注目されているようです。

 

   

ビーガン(Vegan)料理を、比較的リーズナブルな価格で提供するNative Eoods Cafe (ネイティブフードカフェ)というレストランチェーンが、アメリカで成長を続けています。

ビーガン(Vegan)料理と言っても、見た目は鶏肉で、食材はトウフといった感じの料理という風にアレンジしているので、ビーガン(Vegan)以外の人たちでも満足できる料理を提供しているのかもしれません。

 

nrn.com

そのビーガン(Vegan)料理専門のNative Eoods Cafe (ネイティブフードカフェ)ですが、最近、シカゴのビジネス街に約数分で料理を提供するエクスプレスレストランをテスト出店したと、2015年6月3日付けの記事で、Nations Restaurant News が伝えています。

 

www.ekawacoffee.jp