読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

珈琲社会学

独断と偏見による、珈琲と食に関するエカワ珈琲店流の考察

珈琲専門店という地域密着型喫茶店の全盛時代

喫茶店

喫茶店業界で、パパママ経営の珈琲専門店という業態の大流行が始まったのは1970年代のことだと思います。

「喫茶店経営」、「喫茶andスナック」という、喫茶店経営者向け月刊雑誌が創刊されたのもこの時期で、多くの人たちが脱サラして一国一城の主を目指して、珈琲専門店の開業を模索していました。

 

 

パパママ経営の珈琲専門店なら、商圏人口800人で成り立つということで、街中の至るところに喫茶店が出現して、1980年代の初め頃には、日本全体で十数万店の喫茶店が存在していたと記録されています。

 

商圏人口800人で成り立つパパママ経営の珈琲専門店を支えていたのが、喫茶店の店舗数の増加と歩調を合わせて成長して来たコーヒー豆焙煎会社です。

ある程度の資金を調達できるならばという前提ですが、喫茶店の開業ハードルが、ものすごく低くて、コーヒー豆焙煎会社の開業ハードルが、ものすごく高かった時代です。

 

パパママ経営の珈琲専門店と呼ばれる喫茶店の全盛時代、一番儲かっていたのは、喫茶店ではなくてコーヒー豆焙煎会社だったのかもしれません。

 商圏人口800人で成り立つパパママ経営の珈琲専門店という業態ですが、地域で働いている人や地域で生活している人たちの集会場で、簡単な食事もできるコンビニエンスストアー的な機能も併せ持っていたのだと思います。

 

パパママ経営の珈琲専門店は、地域の人たちの会員制クラブだったのかもしれません。

店の看板、コーヒーミル、サイフォンなどは、コーヒー豆焙煎会社から提供されたもので、看板には、その喫茶店に焙煎コーヒー豆を供給しているコーヒー焙煎会社の名前が表示されていました。

そして、珈琲専門店の外観や内装ですが、どの店もよく似ていました。

 

独立した自営業者ではなくて、コーヒー豆焙煎会社のフランチャイズチェーン店のような感じだったわけですから、新しくて新鮮なチェーン店が現れれば、そちらの方に消費が移動して行くのは、当然の流れだったのだと思います。

若い人たちの消費は、ファーストフード系のチェーン店へ、家族連れの消費は、ファミリーレストランチェーンへと移動して行きました。

 

そして、商圏人口800人の地域密着型珈琲専門店というビジネスの衰退が始まったのだと考えています。

当時の地域密着型喫茶店は、コーヒー豆焙煎会社に依存する割合がものすごく高かったわけですから、コーヒー豆焙煎会社の的確なサポートがなければ衰退のスピードが速くなります。

 

もしかしたら、大手・中堅コーヒー会社のサポートが、地域に基盤を持つ中小コーヒー会社のサポートよりも優れていたから、大手・中堅コーヒー企業への寡占化が進行したのかもしれません。

一方、危機感を持っていて独立志向の強い珈琲専門店の経営者は、ハードルの高かったコーヒー豆の自家焙煎への挑戦を開始したのは、1970年代の終わり頃からの事で、1990年前後に、最初のコーヒー豆自家焙煎ブームが到来しています。

 


エカワ珈琲店のホームページ/和歌山市の自家焙煎コーヒー豆小売専門店 - エカワ珈琲店のホームページ/和歌山市でコーヒー豆を購入するなら