喫茶店のコンセブトは自家焙煎とローカル

アメリカでは、「経済のグローバル化がローカル経済を活性化させる」という法則が現実化しているのかもしれません。

アメリカの地方の町には、人気のサードウェーブコーヒーハウス(third-wave coffee houses)を起業する人たち数多くがいて、ローカルフードムーブメント(local food movements)の追い風を受けて、オンラインショッピング等で順調に業績を伸ばしているそうです。

 

最近、好調を維持していて、その数が増殖しているアメリカのサードウェーブコーヒーハウスの基本的なコンセプトは、『ローカル』なのかもしれないと考えるようになっています。

地元で焙煎加工した「煎り立て、新鮮、香りの良いコーヒー豆」を提供することで、お客さんの支持を受けているわけですから、当然のことなのかもしれません。

 

日本の地方の町の自家焙煎コーヒー豆小売専門店であるエカワ珈琲店ですが、コーヒー豆の自家焙煎を開始して20数年が経過しているのに、「順調」という言葉とは程遠い商売を営んできました。

もしかしたら、エカワ珈琲店は『ローカル』という概念を誤って解釈していたのかもしれません。

 

アメリカのサードウェーブコーヒーハウスの代表格「ブルーボトルコーヒー」が、去年(2014年)の秋に発表したとおり、今年(2015年)の2月、日本にやってきました。

 ブルーボトルコーヒーは、日本1号店を2015年2月、東京の清澄白河に、3月に青山に店舗をオープンする。アメリカ本社が10月1日、発表した。

(huffingtonpost.jp/ブルーボトルコーヒーってどんな・・・)

 

清澄白河の店舗は、開店してから3ヶ月以上も経過しているわけですが、ゴールデンウィークには、連日のように行列が出来ていたと伝えられています。

今後、日本でブルーボトルコーヒーが、どのような商売をするのはっきりとしていませんが、アメリカでは、「煎り立て、新鮮、香りの良いコーヒー豆」に対する『ローカル需要』に応えることで業績を伸ばしてきたのだと推測しています。

 

「煎り立て、新鮮、香りの良い自家焙煎のコーヒー豆」でローカル(地域)需要に応えるというコンセプトですが、日本の個人経営の喫茶店(自家焙煎)でも活用できるコンセプトなのかもしれません。

ローカルの飲食店・食料品店・小規模ホテル(旅館)などをターゲットとするホールセール(業務卸)は、アメリカのサードウェーブコーヒーハウスの成長を支えている基本的な業務なのだと思います。

 


エカワ珈琲店のホームページ/和歌山市の自家焙煎コーヒー豆小売専門店 - エカワ珈琲店のホームページ/和歌山市でコーヒー豆を購入するなら