特集 自家焙煎店 喫茶店・カフェ 珈琲業界 How to What is 珈琲グッズ 珈琲を売る コラム

 

2大栽培種

コーヒー属には、数十種類の「種」が存在しているのですが、実際に栽培されているのは、「アラビカ種」、「カネフォラ種(ロブスタ種)」の2種がほとんどです。

ですから、「アラビカ種」、「カネフォラ種(ロブスタ種)」を2大栽培種と呼んでいます。

栽培に占める割合ですが、アラビカ種が約8割、残りの2割がカネフォラ種です。

 

アラビカ種は、世界で最も多く栽培されていて、世界の全生産量の約80%を占めているとされています。

エチオピア原産で、風味が優れていて商業的価値も高いのですが、強い日差しや高温、それに病虫害に弱いという欠点を持っています。

 

カネフォラ種の代表的な一変種がロブスタ種で、ペルギー人科学者によって、コンゴ盆地で発見された品種です。

世界全生産量の約20%を占めていて、病害に強くて収量も多いのですが、風味・品質がアラビカ種よりも劣るとされています。