読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

珈琲社会学

独断と偏見による、珈琲と食に関するエカワ珈琲店流の考察

ヨーロッパに、巨大コーヒー会社ジェイコブズ・ダウ・エグバーツ誕生

DEマスター・ブレンダーズとモンデリーズ・インターナショナルの合併を、2015年5月5日に欧州委員会が条件付で承認したというニュースが流れています。

両社のコーヒー部門が統合した新しいコーヒー会社「ジェイコブズ・ダウ・エグバーツ」の設立を、欧州委員会が承認したというニュースです。

 

(和歌山市和歌の浦) 

 

コーヒー業界の巨人ネスレと競い合うことのできる規模を持つコーヒー会社が、ヨーロッパで誕生することになります。

www.worldcoffeepress.com

 

DEマスター・ブレンダーズとモンデリーズ・インターナショナルは、マスマーケットをターゲットとする大量生産・大量消費型のコーヒーを販売している会社なのだと思います。

アメリカのコーヒー業界だけでなくて、ヨーロッパのコーヒー業界でも、コーヒーのマスマーケットについては、市場の熾烈な争奪戦が始まっているのかもしれません。

 

関連がありそうな記事

今回の記事と関係がありそうな「珈琲社会学」内の記事を、エカワ珈琲店の独断と偏見で選びました。

JABホールディング、グリーンマウンテンを買して世界シェア20%に

ピーツコーヒー(Peet's Coffee & Tea)、今度は、インテリジェンシア(Intelligentsia)を傘下に・・・

ピーツコーヒー&ティー/Peet's Coffee & Teaが、スタンプタウンコーヒー/Stumptown Coffee Roastersを買収